ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

グルメ

ジャーサラダは危険!?食中毒対策はどうする?煮沸消毒の仕方は?

投稿日:

最近、話題の「ジャーサラダ」
ニューヨークでブームになっているようで、
日本でも人気に火がつきましたね。
本屋でもレシピ本を多く見かけます。

 

メイソンジャーに野菜を詰めて、
冷蔵庫で5日間保存可能とあって人気が高まっているようです。
作り置きできるので、忙しい女性に人気なのでしょうね。

2d278b1e364a

ですが、あなたはジャーサラダに食中毒の危険性があることは
知っていたでしょうか?
アメリカでは死亡者も出ました。

 

特に、これから暑くなってくる季節、
食中毒のリスクがますます高くなります。
高温多湿な日本では、
ニューヨークと比べて食中毒についてより注意を払わなくてはならないでしょう。

 

もし既にジャーサラダを試しているならば、
ぜひ、気をつけてほしいですね。

 

ジャーサラダの食中毒対策は?

mig

ジャーサラダに使う瓶を煮沸消毒することです。
沸騰したお湯の温度によって、煮沸時間が変わります。

100℃→30秒間
90℃→5分間以上
75℃→15分間以上

 

また煮沸禁止の容器も多いですので、
瓶を購入する際には、それを確かめましょう。
そうでないものを煮沸すると瓶が割れてしまいます。

 

消毒が終わったら、余熱で乾燥させましょう。
ふきんなどでふいてはいけません。

 

また、サラダを作るときは、
必ず手を洗いましょう。

 

「持ち運び」のリスク

nicol_20141119_01-thumb-600x450-338147

オフィスなどにジャーサラダを持って行き、
ランチタイムに食べている人がいるそう。

 

 

ですが、これからの時期、
冷蔵庫から取り出して常温で長時間食べ物を置いておくのは危険です。

 

 

朝に冷蔵庫から出して、
ランチタイムまで5時間程度あるのではないでしょうか?
その間に菌がサラダに付いてしまいます。

 

 

ジャーサラダはおすすめできない。

7ade3a59bd6ef5c857863c5edb0c22ab

個人的には、ジャーサラダはおすすめできません。

 

野菜は切るとどんどん傷んでくるので、
生野菜を長期保存しない方が、体のために良いでしょう。

 

その日食べる分だけ作った方が
新鮮でおいしい野菜を食べられます。

 

また、持ち運ぶならば生野菜ではなく、
火が通った野菜が安全です。

 

ジャーサラダがブームなのも、
近年の健康志向の高まりからなのでしょうが、
菌のついた野菜を食べて食中毒になったら、本末転倒と言えるでしょう。

-グルメ
-,

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.