ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

グルメ

神仙桑抹茶ゴールドは、世界的に認められたお茶屋がつくった青汁です。

投稿日:

ぽっこりお腹もスッキリ!
あなたも神仙桑抹茶ゴールドを始めてみませんか?

 

あなたは、青汁にどんなイメージがありますか?
「苦い、まずい」という印象をもっているのではないでしょうか?

 

 

ですがそれは、もう昔のこと。
最近の青汁は開発が進んで、
どんどん飲みやすくなっているのですよ。

 

 

数多くある青汁のなかでも便秘に悩む女性におすすめしたいのは、
お茶村の「神仙桑抹茶ゴールド」です。

 

世界的に認められたお茶屋がつくった青汁

d73dcd3e4fc38def8ad9751b7d590ceb_s

神仙桑抹茶ゴールドは、2008年にモンドセレクションを受賞しています。

 

 

また、世界各国から選りすぐられたお茶で競う
「国際銘茶品評会」で金賞を獲得し、
お茶づくりの品質や技術が世界的に認められました。

 

 

神仙桑抹茶ゴールドは、苦味やクセのないまろやかな抹茶味。
大人だけではなく、子どももゴクゴク飲める納得のおいしさになっています。

 

アイスでもホットでもおいしく飲めます。
牛乳や豆乳と合わせても格別で、
料理やお菓子の材料としても使えますよ。

 

 

神仙桑抹茶ゴールドは何でできているの?

・桑の葉
・シモン芋の葉と茎
・緑茶

 

 

神仙桑抹茶ゴールドでは、
青汁でよく使われているケールや大麦若葉を材料としていません。
桑の葉に徹底的にこだわっています。

 

 

上記3つのオリジナル配合によって、
ダイエット志向の方には、ぴったりの青汁になっています。
桑の葉には、ケールや大麦若葉には含まれていない
DNJ(1-デオキシノジリマイシン)という成分が含まれています。

 

 

これが糖分の吸収をブロックし、血糖値の上昇を抑えるので、
ダイエットのお供としても良いでしょう。

 

お茶村って?

cb7cf2d771e585ecf4a4c71760a51d17_s神仙桑抹茶ゴールドを作っている「お茶村」は、
昭和15年に創業した老舗のお茶屋さんで、
福岡県八女市で、お茶やお菓子の販売をしています。

 

 

神仙桑抹茶ゴールドは、
中国にある自社茶園で農薬を使わずに栽培されています。
検査の厳しいドイツの分析研究機関より、
残留農薬ゼロの証明を受けています。

 

-グルメ

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.