ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

音楽

シカゴ交響楽団来日公演【2016年】ムーティ指揮|感想

更新日:

楽しみにしていたシカゴ交響楽団の公演を聴いてきた。
7年ぶりの来日らしい。
場所は、上野の東京文化会館。

 

 

1月18・19日と2日間あるけれど、
私は18日だけ行った。

 

 

低給の私にはなかなか高いチケット代だったけれど、
結果は大満足!
大枚はたいた甲斐があったというもの。

 

以下、クラシック初心者の感想。

 

 

1曲目 ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調op.67「運命」

201509160052_ex

あの「運命」である。
ダダダダーン!!
有名な曲だけあって私でも4楽章全て聞き覚えがあり、
とても楽しい時間であった。

 

 

「ダダダダーン!!」の部分は、
私がカラヤン版を愛聴していたためか、
軽い感じに聞こえたが、
これも良いかもと思う。

 

 

ムーティの指揮は力強く、躍動感あふれ、
体全体から情熱がほとばしっている。

 

シカゴ響のキレのある美しい演奏。
音の粒立ちが良く、各楽器もぴたりと息が合い、本当に美しかった。

 

 

2曲目 マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」

01

実はマーラーってあまり聴いたことない。
交響曲第5番をちょっと耳にしているくらい。
だからこの「巨人」も初めて聴いたかも。

 

 

金管楽器ってこんなに美しい音が出る楽器だったんだね。
新発見!
キラキラした音。
いつもヴァイオリンばかりに注目していたせいか気づかなかった。

 

 

シカゴ交響楽団&ムーティは素晴らしかったです。
雪が積もった寒い中だったけれど、
足を運んで本当に良かったです。

-音楽

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.