ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

経済

さあ、復職!仕事を探し始める前に頭に入れておきたいことは?

更新日:

国家資格が必要とされる薬剤師は、転職や再就職がしやすい仕事といわれています。
確かに薬剤師は万年人材不足気味で、常に多くの事業所から求人広告が出されています。

 

転職・再就職市場は売り手優位にあるといえますが、条件を絞り込んで検索していくと、案外応募者側に有利な条件の求人が少ないことも事実です。

 

労働条件や待遇にこだわらなければすぐにでも仕事は見つかりますが、有利な求人はすぐに応募者で埋まってしまいます。
そのため、子育てがひと段落ついて仕事復帰のために再就職を考えている薬剤師の方は、自分に合った条件の求人を探すのはなかなか困難です。

49cd744d487416aaaa50e541ec939b88_s

 

これまでの職歴や経験によっても再就職の難易度は異なりますから、自分に合った求人を探すためにはなるべく多くの求人情報をチェックして、求人の相場や傾向を知っておく必要があります。

 

 

なかなか自分に合った求人が見つからないという方は、正社員採用の求人ばかりではなく、パートやアルバイトの求人もチェックしてみることをお勧めします。
福利厚生が充実して安定した立場で働ける正社員は、労働環境は整っているものの採用条件が厳しく、ブランク明けで再就職を考えている薬剤師の方に合った条件で働ける求人は少ないのが現実です。

 

 

特に子どもが小さいうちの再就職は、勤務時間やシフトの融通の利く職場でないと、満足に働くことができません。
そういった意味でも制約の多い正社員よりも、時間の融通が利くパート・アルバイトの方が労働条件的に働きやすいといえるでしょう。

 

 

子供が小さいうちはパート・アルバイトで時間の融通を聞かせながら現場経験を積み、ある程度手がかからなくなったら正社員の求人を探して転職する、というのも一つの方法です。
最初から完璧な条件の求人を探すのではなく、自分の都合に合わせた働き方を選んだ方が、再就職のハードルは下がります。

不安だらけの復職。復帰支援プログラム求人が狙い目

c4fa23a839844bc8555cc472eb6313ff_s

薬剤師は結婚や出産などで一時仕事から離れる人が多く、一時的なブランクがありながら再就職する人は珍しくありません。

 

 

特に女性薬剤師の方の場合、一時退職で上手に家庭と仕事のバランスを取る人も増えており、キャリアプランの中で再就職を最初から織り込んでいる人も増えています。

 

 

女性薬剤師の再就職でネックになるのが、勤務時間です。
子育てと並行しながら仕事を続ける場合、職場に求める第一の条件は、給料ではなく労働時間になります。
子供の面倒をみられるだけの時間を確保しながら働ける職場でなくては、再就職先候補に入れることができません。

 

 

また、薬剤師の扱う医薬品は日々開発が続けられており、ブランクの間に実用化された新薬なども出てきます。
再就職の際には足りない知識や技術を身に着けなければ、現場に復帰できない可能性もあります。

 

 

再就職先として魅力的な求人は、復帰支援プログラムを用意している求人です。
最近は薬剤師の人手不足を解消しようと、ブランクのある薬剤師を積極採用する求人も増えており、求人広告で復帰支援について明言していることが増えています。

 

 

こういったブランク明けの再就職を最初から計画に入れている薬剤師求人は、復帰支援の技術・知識講習が用意されていたり、勤務時間や休日の相談、託児支援などのサービスが整っています

 

 

もちろん職場によって支援内容は異なりますが、一般の求人よりも子育て中の薬剤師に対する配慮は充実しています。
仕事と家庭のバランスを第一に考えるなら、家庭の事情に理解を示してくれる再就職者を対象にした求人を中心に求人情報をチェックしてみてください。

 

 

ブランクがあるからといって、過剰に不安を抱く必要はありません。
ブランク明けの薬剤師は、人手不足を解消してくれる、薬剤師業界にとって貴重な戦力でもあります。
足りない部分を勉強する意欲さえあれば、すぐに第一線で活躍することができるでしょう。

-経済

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.