ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

経済

人材不足の薬剤師。ブランク明けでも復職できる!

更新日:

ブランク明けの再就職というと、一般的にはなかなか仕事が見つからないというイメージを持たれがちです。

 

確かに経験が途切れてしまう上に現場感覚も鈍ってしまう可能性がありますから、ブランク明けの応募者を採用することに対しては、企業も積極的な姿勢は見せないものです。
しかし、薬剤師の再就職に関しては、ブランク明けを気にすることなく再就職することが可能です。

 

 

もともと薬剤師は資格取得難易度が高く、需要に対して人材は常に不足気味です。
特に地方に関しては、薬剤師争奪戦が激しい地域も少なくありません。
このようなエリアの求人情報をチェックすれば、ブランクをハンデにすることなく、良い求人を見つけて再就職することができるでしょう。

2006年から薬学部が6年制化、新卒ギャップがうまれる

2f84189b2ff912c270e8f95e13ed597e_s

薬剤師の人手不足に拍車をかけたのが、2006年4月から実施された学部の6年制化です。
これまで4年で卒業して薬剤師に慣れたのが、この年から6年間必要になったため、2年間新卒の薬剤師が現れないという空白の期間ができてしまいました。

 

 

そのため薬剤師の需要と供給が大きく崩れてしまい、そのギャップを埋めるための人的資本として注目されたのが、結婚や出産によって仕事を離れている薬剤師です。

 

 

この人材を活躍して人手不足を埋めようと、各事業所は復帰支援に力を入れ、託児所の完備や短時間勤務、最新知識の講習会など、ブランク明けの再就職者を活用する体制づくりを進めました。

 

 

この努力のおかげで、ブランク明け薬剤師の再就職難易度は大幅に下がりました。
新卒ギャップ自体は一時的な人材難なのですが、薬剤師業はもともと人材不足だったため、ブランク明け薬剤師の積極活動は引き続き進められています。

 

 

大型ドラッグストアなど職場の選択肢も増え、ブランク明け薬剤師の再就職はますます活発になっていくことが予想されます。
復帰支援体制の整った職場を活用し、再就職を成功させてください。

門前薬局、院内薬局、ドラッグストア・・・あなたの働き方は?

01f3e2463a898d386f83b347c14dcfcf_s

薬剤師の職種は、一般的に門前薬局や院内薬局、ドラッグストアなどが知られています。
ですが、最近では薬剤師を病院で雇用しようという新たな動きも始まっています。

 

 

門前薬局(調剤薬局)は、業界大手の調剤薬局がどんどん店舗を増やした結果、ドライブスルー型薬局などもできており、薬局のクオリティもどんどん上がってきています。
ですが、その反面、薬剤師が直に患者と接することが多くなり、コミュニケーション能力のある方でなければ、なかなか勤めづらい場所にもなってきました。

 

 

ブランクのある薬剤師の方は特に他人との関わりが不得意な場合もあるでしょう。
そこで、調合専門に行う薬剤師を募集しているところを探すことをお勧めします。

 

 

例えば、院内薬局などは、カウンター越しに薬を渡すだけの場合が多く、専門病院の場合は患者が薬を常用していることから、それほどコミュニケーションが必要ない場合もあります。
院内薬局といえども、病院によっては外部の調剤薬局に場所貸ししているケースが多いわけですから、チェーン展開している調剤薬局にそういった店舗がないかどうかを確認するなど、突っ込んで自分に合ったセクションを探していきましょう。

ea573066177c3e879d3d1116cb7f40b1_s

 

また、病院で雇用しようという動きは、投薬指導や薬剤情報を病院で看護師や医師と共同でセミナーを行うなど、地域の医療チームとして薬剤師を積極的に生かすものです。

 

 

一例では、危険ドラッグの服用症例は薬剤師でなければ、処置の方法が分からないものです。

 

 

どういった薬剤投与でどういった症例が出るのか、これは薬剤師でなければ判定できません。
ですから、薬剤師が専門性を生かして病院で働くことが求められているのです。
調剤薬局やドラッグストアでの販売のほかにも、実は薬剤師でなければ生かせない知識と情報を求める病院が出てきています。

 

 

再就職を考えた場合、自分の専門領域がどういった薬剤なのかもう少し精査してみてはどうでしょうか?
もしかすると、一般的な薬剤師として以外の領域でも、転職が可能になるかもしれません。
じっくりと薬剤師として働く現役のスペシャリストの例をできるだけたくさん探してみて、自分の再就職に生かしましょう。
薬剤師専門の転職サイトに登録してみるのもおすすめです。

-経済

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.