ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

経済

雇用形態と勤務時間がポイント!ブランクありママ薬剤師の復職

更新日:

一般的な転職活動では、ブランクがあると転職に不利になるのですが、薬剤師の再就職の場合はブランクをそれほど気にする必要はありません。

 

 

ブランクがあっても働ける職場は多いですし、慢性的な薬剤師不足を解消するためにブランク明け薬剤師を活用しようという取り組みも進んでおり、研修などでブランク明けの仕事復帰をサポートする仕組みを用意する企業も増えています。

 

 

むしろ問題になるのは、企業側の提示する条件と働く側の希望のすり合わせです。
ブランク明けの再就職では、子育てなどで時間を取られてしまうため、フルタイムで働くのが困難な場合があります。

 

 

必ずしも企業側が求める条件で働くのが難しい場合は、雇用形態を正社員以外から選ぶ必要があります。

正社員が難しい場合は、パートやアルバイトで働くという選択肢もある

 

b14b3e230625795da3c15b519eae219d_s

 

薬剤師の求人でも、パートやアルバイトの求人は少なくありません。
正社員よりも給与水準が低くなってしまったり、福利厚生面で不利になってしまいますが、
労働時間に融通が利くという点においてはパートやアルバイトの方が自分に合った働き方を選びやすくなります。

 

 

パートやアルバイトで働くとなると、職場はドラッグストアや調剤薬局などにどうしても限られてしまいます。

 

 

これらの職場で働くのを希望している方なら問題ありませんが、製薬会社や研究機関への再就職を希望している方の場合、パートやアルバイトの求人はほぼ望めません。
家庭事情をきちんと考慮して長期的な復職計画を立てないと、再就職はかなり難しくなってしまいます。

 

 

職場や雇用形態にこだわらなければ、ブランクがある薬剤師の再就職はさほど難しくありません。
しかし、職場によっては再就職を対象にした求人そのものが少ないことがあります。
自分の状況に応じて、最適の求人を選ぶことが、再就職成功のカギを握ります。

ブランクからの復職を目指す薬剤師が学んでおくべき知識とは?

 

17bd3dfaf2fac71fbb9f8e4fdfd0df45_s

女性の薬剤師は結婚や出産をきっかけに職を離れる方が多いのですが、同様に生活が一段落した段階で仕事復帰する人の数も少なくありません。
特に近年は慢性的な薬剤師不足解消の切り札として再就職の薬剤師が注目されており、業界全体で中途退職した薬剤師の復職を歓迎しています。

 

 

復職支援のための研修制度の導入や託児施設の整備など、再就職しやすい環境を用意して薬剤師の確保に努める事業所も多く、以前に比べれば格段に再就職しやすい状況にあるといえるでしょう。

 

 

しかし、ブランクのある薬剤師の再就職が歓迎されているからといって、それに甘えてはいけません。
一人の薬剤師として働く以上、責任ある仕事が求められるのは当然です。
ブランクの間には、様々な制度改定も行われているでしょうし、新しく実用化された新薬の数も少なくありません。

不足している知識を埋める

137129cc8b19e1c3b3229d6114d8ba94_s

それらの不足した知識をきちんと身に着けておかなければ、ブランク明けに再就職したとしても満足のいく仕事はできません。

 

保険制度や薬事法の改正について学んでおくのは、必須の学習項目です。
薬剤師の基本ともいえる法律に関する知識が無ければ、いくら薬剤師の有資格者だからといっても安心して仕事を任せられるはずがありません。

 

 

ブランク期間に法改正や制度改正が行われたときは、再就職前に改正点について学習しておきましょう。
どのように制度が改正されたのか、新しく追加された部分・廃止された部分はどこなのか、規制の変更点はあるのか等、基本的な部分を中心に勉強しておきましょう。

 

 

調剤報酬・薬価改定も重要な項目です。
薬剤師の基本ともいえる部分なので学習は必須ですが、個人で学ぶのが難しい場合は、再就職後に職場で学べるかどうかを面接時に確認しておきましょう。
職場によっては再就職者向けの研修プログラムで必要な知識を学ぶことができますから、知識に不安のある方はそういった制度を用意している求人を狙うのも一つの方法です。

-経済

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.