ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

スポーツ

筋肉痛が超回復する時間は?意味は?効果を最大限に高める方法を紹介!

投稿日:

超回復というのは、筋肉トレーニングなどの後、48〜72時間程度の休息を取ることによって、筋力水準がトレーニングを行う前よりも、もっと上昇する現象のことです。

 

筋肉トレーニングをしたすぐあとは、筋肉を思い切り使った直後ですから、内側では筋繊維がとても傷ついた状態です。
ダメージを受けてそのまま回復なしで、再度ハードトレーニングへと繰り出したら、筋繊維はより傷ついた状態を何回も繰り返します。

 

 

そうなれば、筋肉が大きくなろうとする、肝心な地点がいつまでたってもやっては来ません。

 

効率的な筋肥大は無理ですし、低空飛行をずっと続けてしまう飛行機のようなものです。
筋肉トレーニングをしたすぐあとは空に上がるものの、頂点まで登りきりません。
つまり、筋肉のレベルが低下することになるわけです。

 

筋肉痛が起こるのは、筋繊維の損傷が激しかったから

21f1e8a19cb3565d5f70019269e6294d_s

筋肉痛は、まさに超回復の絶好のチャンスです。
その損傷が思いのほか大きくて、痛みが強烈になったときは、リバウンドする力も大きいです。

 

過労だけは注意をしないといけませんが、筋肉を回復させるために、トレーニング後24時間は、キチンとした休養が絶対に必要でしょう。
体内機能や構造に変化がおきているからです。

 

人間は無意識にこの機能を使っていますが、そのために、十分有効に使えていません。
わかりやすい例で言えば、骨折をした時でしょうか。
一旦骨が折れてしまったら、その部分の骨は最初よりも強靭で太くなります。

 

筋肉痛が強ければ強いほど、超回復の力も大きい

-shared-img-thumb-BO151030205745_TP_V
筋肉痛が強く出ていればいるほど、回復力も大きくなります。
ハードな運動をするときには、体内の筋肉は次々に壊されます。
微細損傷が組織レベルで、ほとんど自覚がない状態で破壊されていきます。

 

 

肉体労働をしたり、スポーツを行ったりすると筋肉を使いますが、瞬発的なハードスポーツをしたほど、筋肉組織は、損傷が激しくなります。

 

体内に活性酸素などが発生して障害を拡大したり、筋肉が物理的に壊れるなど、生理的な変化で発生していきます。
内部で筋肉が切れていくのですから、強い痛みが出ても仕方がないことです。
そして、人間の体内は、自ら修復を行う力を持っています。

 

 

疲労感を感じたり、筋肉組織が損傷しても、それを修復をしようと活動が始まります。
同じ状態に回復しては、また同様のダメージを受けたときに壊れてしまうので、もっと強くなるように治します。

 

筋肉の回復は、こうして自力で行われます。
筋肉の痛みが激しくなり、損傷も大きいほどに、リバウンドは大きくなります。

 

超回復を最大限高めるには、栄養たっぷりの食事と十分な休息が必須!

 

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

忘れてはならないことは、筋肉の超回復のために、十分な栄養成分と休息が必要ということです。
損傷がいつまでも継続して、無理な疲労が掛かりすぎてしまったら、もはやリバウンド自体が起きなくなってしまいます。
ハードな筋肉トレーニングを繰り返されると、次々と筋肉細胞は壊れていくばかりです。

 

考えもなしに体に負荷をかけて、ハードな運動をし続けては、肉体的なパフォーマンスが低下の一途をたどることになります。

afaf239b38c4df86b008bc0f20634de8_s

トレーニング後は無理をしないで、肉体の回復を優先させましょう。
そのためには必要な栄養をチャージすることと、たっぷりの休息をとることです。
そうすると、肉体のパフォーマンスは、現実的に向上することになります。
ただ、完全に回復する前に無理に運動してしまうのは、過労になりますので要注意です。

 

 

人間の肉体がリバウンドをするまでは、即座ではなく一定の時間を必要としています。
筋肉トレーニングを行ってからのリバウンドは、そこから24時間が経過しなければできません。

 

この時間を守らないで、再びハードな筋肉トレーニングを行ったとしたら、肉体が回復する前に負荷を与えることになります。
それは、オーバーワークで、筋肥大は見込めず、疲労がたまるだけです。

 

筋肉痛のときは、トレーニングを休んだほうが良いのか?

bsE146_shinkyakusurudansei

リバウンドの現象が起きる範囲でのことで、プロのスポーツ選手などは、疲労をしている状態と過労との間で、常に戦っているわけです。

 

一流と呼ばれるスポーツ選手たちは、自分を追い込みますので、過労の一歩手前までやるのです。
でもその一線は守って、負荷をギリギリまでかけてプロ根性を発揮しています。

 

 

超回復のためには筋肉痛であったとしても、軽い運動はしておくほうが良いでしょう。
全く運動をしないで休むのではなく、軽く体を動かしたほうが、その後のパフォーマンスが好調です。

-スポーツ

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.