ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

妊娠・出産

初産・無痛分娩の体験談!麻酔の痛みは?メリット・デメリットは?

投稿日:

無痛分娩とはほとんどの場合は硬膜外麻酔を使用した分娩方法です。

 

欧米では8割以上、フランスに至ってはほぼ100%が無痛で出産が行われていますが、日本では一般化されてきたとはいえその割合はまだ麻酔を使用しない普通分娩の比ではありません。

 

陣痛の痛みを経験してこそ母になる、などといった精神論が残っていることも一因ですが、それよりも麻酔を使用するということで何となく怖いというのがネックになっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

私は、初産で無痛分娩を体験しました。
その体験談を含め、実態についてみていきたいと思います。

 

無痛分娩の種類は?

若い妊婦

大きく分けて3つありますが、計画分娩、自然分娩、和痛分娩です。

 

計画分娩は陣痛が起きていない状態で、陣痛促進剤を点滴することにより陣痛を起こして出産するという方法です。

 

自然分娩は言葉の通り、自然に陣痛が起きるのを待って出産する方法です。

 

そして、和痛分娩はソフトな無痛分娩です。
歯医者などでよく使用される笑気ガスを使用することもありますが、薬剤ではなくソフロロジーやアクティブバースといった呼吸法や思考法によるものを採用している産院が多く、実際には自然に産むよりは和痛にはなりますが、陣痛の壮絶な痛みは残るというものです。

 

「無痛」分娩は、本当に痛みがないの?

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

ここで注意が必要なのは、計画分娩をする場合は陣痛の始まるタイミングを医療行為によって作り出すことができるため、初めから薬剤を注入して全く痛みを感じないまま出産できるのではないか、と勘違いされることです。

 

 

自然分娩の場合と同じく、計画分娩の場合でもある程度子宮口が開いてから出ないと薬剤は注入されません。

 

というのは、あまり早く注入してしまうと薬剤の効果によって子宮の収縮が抑制されたり、陣痛から出産までの進みが極端に遅くなってしまうことがあるためです。
自然分娩も計画分娩も実際に薬剤が注入されるのは子宮口が4~5cm開いてからです。

 

「無痛」じゃない!どれくらい痛い?

-shared-img-thumb-150705280827_TP_V

私は計画分娩で産みました。
子宮口の開きには個人差がありますが、私の場合は初産だったこともあり、陣痛が始まってからこの子宮口4~5cm大になるまで3~4時間を要しました。

 

初めのうちは妊娠後期には度々感じていた強い張りという感じでしたが、次第にズキズキと強い痛みに変わり、数時間後には声を出さないとつらいぐらいの激痛に変わり、1時間以上はこの強烈な激痛に苦しみました。

 

硬膜外麻酔を注入するカテーテルは、促進剤を点滴する前、入院してすぐの段階で背中に通してもらっています。
背中に管を通すというととても痛そうですが、一瞬チクッとするぐらいで全く問題ありませんでした。

 

子宮口が4~5cm大になると、お医者さんが少しずつ麻酔の薬剤を注入し始めます。
でも、はじめのうちは微量で、子宮口が全開大になると多く注入します。

 

そのため、薬剤が注入されてもしばらくはまだ痛い状態は続きます。
ただし、それまでの激痛よりは少し緩和したような状態になったので、声を出して苦しむということはありませんでした。

 

そして子宮口が全開大になると薬剤の注入もピークに達し、分娩室へ移動し出産を行います。

ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_s

麻酔の効きは個人差が大きいもので、赤ちゃんが下がってくるのがわかる人・わからない人に分かれるようですが、私の場合は効きが良いようで全然わかりませんでした。

 

ただし、陣痛の監視装置を入院時からずっと装着していることと、つきそっている医師・助産師がいきむタイミングを教えてくれるので、お腹の感覚はなくてもいきむという行為はできるので問題なく分娩できました。

 

無痛分娩でない自然分娩の場合は、赤ちゃんが出てくる時の会陰切開や皮膚が引っ張られる激痛を感じるという人もいるようですが、私の場合はその激痛は全く無く、周りに言われるがままにいきんでいたらスルリと赤ちゃんが出てきたような感覚でした。

 

 

私は第2子は無痛ではない自然分娩で産んでいます。
初産と第2子とではお産の進みは違うもので、第2子の方は分娩時間が1/3でしたが、それでも初産の無痛の方が産後の体への負担が少ないと感じました。

 

 

無痛ではない分娩の場合は、激しい陣痛に対して体に力が入ってしまうので、全身が筋肉痛状態になり、分娩後の疲労感も比較にならないほどありました。
また、初産の時に子宮口4~5cm大で感じていた激痛がすさまじいと思っていましたが、薬剤を注入しない状態で体感した子宮口全開大時の陣痛に比べたら甘いものだとわかりました。

 

無痛分娩のメリットとデメリットは?

bsPAK95_suberidaianjyu

このように無痛分娩は大きなメリットがあります。
しかし、一方で高度な医療技術となるため、日本の病院・産院では導入していない施設が多いのも現実です。

 

また、数は多くはありませんがカテーテル挿入時に血腫が形成されたり、感染を起こしたりという合併症などのリスクもゼロではありません。
欧米ではかなり高い割合で導入されているとはいえ、リスクがゼロではないということを頭に入れて受けることが大切です。

-妊娠・出産

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.