ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

美容・健康

口内炎の治し方は?原因は?よくできるなら食べ物に注意を!

投稿日:

舌が痛くなる口内炎ですが、たまに唇の近くにできるものもありますね。
しかも治るのが遅くて困っているという場合も多いでしょう。

口内炎の原因は?

227003
まず、口内炎というのは、口の中にできる炎症のようなものですが、舌が痛くなるものもあります。
原因は、口の中の炎症しているからです。

 

そもそもなぜ口内炎が起こるのかというと、よく言われているのが、鉄分が不足しているからです。

 

実際に出来てしまった場合、完治するのに1週間以上かかることも少なくありません。

口内炎の治し方は?

-shared-img-thumb-OZP73_hagaitaidansei20130707_TP_V
一体、どのような治し方があるのでしょうか?

 

大抵は、「鉄分を摂取するように」と医師に言われますが、それを実行したからといって早く治るわけではありません。
やはり普段からの食生活を見直すということが大切でしょう。

 

口内炎ができている最中は、辛いものやしょっぱいものは控えてください。
辛いものや塩分の多い食べ物を食べますと、治りが遅くなります。
第一、辛いものというは、舌だけではなく、口の中全体に刺激を与えることになりますので、良くありません。

 

それとは逆に、なるべく果物や野菜を多く食べると、治りが早くなる実感があります。
つまり、ビタミンCの入っている野菜や果物をたくさん食べることが口内炎を早く治すために必要だということです。

 

この方法だと、薬に頼ることなく、自然と治りますし、日常生活でも無理なく続けられます。
とにかく辛いものとしょっぱいものは避ける、ビタミンCを摂取するということが大切です。

サプリメントで口内炎を撃退!

c4fa23a839844bc8555cc472eb6313ff_s

ビタミン摂取なら、手軽で便利なサプリメントがたくさんありますね。
副作用などもありませんので安心して利用できるでしょう。

 

普段の食事での注意点として、早く治すためには、柔らかいものを中心に食べるということも大事です。
とにかく舌や唇などに刺激を与えないような食べ物を選ぶようにしたいものです。

 

頻繁に炎症が起こるという場合は、柔らかいものを食べながら、果物や野菜を多めに採り、そして刺激の強い辛いものは食べないということを実際に実践してみると良いでしょう。
そうすることで早く完治します。

医者に診てもらう手もあり!

260501

更にもっと早く治す方法はないのかという方には、病院で診察を受けるというのも、選択肢のひとつです。
医師の診断を受ければ、口内炎に効果的な薬が処方されますからね。

 

 

病院に行くのはためらわれるという場合には、ドラッグストアで売っている薬を試してみるという方法もあります。
ドラックストアには薬剤師が実いますから、直接相談してみるのも良いでしょう。

118164

予算は、病院に行って医師の診察を受けた場合と比べると、断然ドラッグストアで市販の薬を買う方が安く済みます。
経済的な面から考えると、ドラッグストアで市販薬を購入することをおすすめしますが、本当に口内炎なのかどうかわからないという場合には、病院に行くのがベストでしょう。

 

口内炎ができているときの食べ物の選び方は?

0604b621bea71313fd3bad2f65b55ca2_s

いずれにしても、口内炎の治し方は、日頃食生活を全体的に見直すということが予防として有効です。
原因が鉄分不足ということなら、なおさら日々の食生活が大事になってきます。

 

そして、炎症している部分を間違って舌で噛んでしまったり、熱いものを食べたり飲んだりしているときに、炎症部分に触れないように注意しましょう。
せっかく治りかけの部分が再び炎症を起こしてしまう原因になりかねません。
やはり、口の中が荒れているときには、食べるものも吟味しなければなりませんね。

 

完全に治るまでは、体調維持はもちろんのことですが、口の中も安静にしておくということが一番大切なことです。
炎症を起こしているときは、なるべく間食も控えるようにしましょう。

-美容・健康

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.