ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

舞台

劇団新感線「乱鶯」を観てきた!あらすじは?上演時間は?感想は?

更新日:

新橋演舞場で、劇団☆新感線の「乱鶯」を観てきました。
新感線の舞台を観るのは初めて!

「乱鶯」あらすじ

時は、江戸時代。
盗賊の頭である鶯の十三郎は、瀕死の重傷を負っていたところを、幕府目付の小橋貞右衛門に助けられ、居酒屋「鶴田屋」に連れて行かれた。
そして、傷が癒えてからは源三郎と名乗り、そこで板前として働いた。

 

ある時、命の恩人である貞右衛門の息子、勝之助が鶴田屋に現れた。
彼が盗賊を追っていると知り、手助けしようとするが・・・。

上演時間

 

感想

劇団☆新感線の舞台を観るのは初めてでしたが、平日の昼間にも関わらずずいぶんと席が埋まっていて、人気の劇団なんだな、すごいなと思いました。

チャンバラから始まるオープニング。
スピード感あふれる剣技が見事です。

 

時代劇ものだけれど、笑いどころが満載で、肩の力を抜いて楽しく観れました。
やっぱり、古田新太さんの独特の存在感には、思わず引き込まれてしまいますね。
源三郎の恩義に報いようと務める姿が印象的でした。

 

私の座席は3階の左側だったのですが、これからチケットを取る方にはあまりおすすめしませんね。
役者さんたちが下手に集まっていることが多く、見えにくかったです。
花道も見えないですし。
3階席なら正面か右側の方がよく見えるでしょう。

キャスト

古田新太
稲森いずみ
大東駿介
清水くるみ
橋本じゅん
高田聖子
粟根まこと
山本亨
大谷亮介

-舞台

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.