ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

テレビ

『きょうは会社休みます。』最終回の感想!

更新日:

ドラマにどハマりなんて、なんだかな。って感じですが「今日会社休みます。」は、やばいっす。最初は、そんなに面白いのか~。なんて感じで思っていたのですが、地味な服装なのに、目立ってしまう綾瀬はるかのきれいさに驚きましたね。

 

綺麗な人って、何を着ていてもきれいなんだな~とつくづくです。
鈴木杏樹も、綾瀬はるかも、可愛いイヤリングをしているのが気になって、私は、このドラマを見て、イヤリングを購入決めちゃいましたよ。

 

 

それほど好きでもなかった福士蒼汰が、ドラママジックでかっこよく見えてきてしまう始末…。
それに福士蒼汰の服装も結局、よく見えてきてしまう。
あ~ほんと単純。

 

 

仲里依紗に対する恋の頑張りを見せる千葉雄大の役は、いい感じに思えてきますね。
でも千葉雄大のしもぶくれ顔はあんまり好きではないけど。

 

 

玉木宏のスーツの後ろ姿が、姿勢がよくてかっこいいとか思っちゃう。
花笑の妄想の部分がくだらなさ過ぎて嫌だけど、つい見てしまう。

 

料理のお店といい、少ししか出ない俳優の人たちがまたいい味出してますよね。
毎回出てくるラーメン。
食べたくなって困ります。

 

 

鈴木杏樹が田之倉君のお母さん役って、またきれいな人を。
確かにあんなきれいな顔の子が出来上がるんですから、杏樹さんみたいなお母さんなんだろうななんて思ってしまいます。
でもドキドキしますね~。
初めて彼のお母さんに会うなんて、しかも年下彼氏!!

 

 

私は、田口淳之介の役柄がイラっとします。
なんでだろう~。理屈じゃなく嫌いですね。
あくまでも役柄なんですけど。

 

花笑が田之倉君と付き合っているのを知って、ペラペラ話すかと思ったので、黙っていたのは、本当に予想外でしたけど。

 

そして何となく気になっているのが、花笑の家族です。
なんかあんな風な家族っていいな~って見ていて思えてくる…。

 

更に親友役の平岩紙。
めっちゃいい味だしてますね~。
こんな友人が私にも欲しいです!!

 

基本的に犬は苦手なんですが、愛犬の「まもる」が見ているうちになんだか可愛く見えてきたのには、自分でもおどろきでした。
これからも楽しみに毎回見ようと思います。

 

 

毎回、田之倉君の甘い言葉にキュンキュンしながら、楽しく見ています。
年下だからの当たり前に甘えるところも、年下なのに男らしくリードしてみたり、そんな田之倉君とお付き合いしている花笑が本当にうらやましいです。
(ちなみに、私は既婚です)

 

花笑の心の声にも楽しみで、見ている間、ニヤニヤしてばかりです。
私も、会社を初めてズル休みしたときのことを思い出したりして、またニヤニヤしてます。

 

 

21歳で結婚を覚悟する展開にも驚いたけど、男気があって素敵だわ、やるわね~と感心してしまいました。
なのに、今回、こんな展開になってしまうなんて、切ないです。

 

30歳と21歳、9歳の年の差は埋められないのかしら…。
社会人と学生っていうのも大きいですよね。

 

一緒にいて、こんなに楽しいんだから、田之倉君に何かしてあげなきゃなんて思わずに、そのままの花笑さんでいればよいのに…。
好きだけど、自然体でいられないって、もどかしいですね。
それも相性なんでしょうか?

 

花笑に関しては、それを乗り越えてほしいです。
だって、別れることも、つらいと思うから。
田之倉君だって、もっと勉強したかったらしたらいいし、花笑と相談して、どうか二人一緒の未来を考えてほしいなと願ってしまうのです。

 

 

それにしても、田之倉君はできた人です。
こんな人が近くにいたら、仕事どころではないですね(笑)

 

朝尾さんはカッコよすぎて、このドラマは、本当に非日常的で夢のようです。
帝江物産の皆さんも、一人ひとり、いい味だしてますよね。

 

瞳ちゃんと加々見君もどうなるのか、楽しみにしています。
親友の一華のアドバイスは現実的で、それにも、また感心してしまいます。

 

 

槇原さんの主題歌も、大好きです。
ドラマの世界観そのものですよね。
いいタイミングで入ってくるので、テンションが上がります。

 

 

今後、ストーリーはどうなるか分からないけど、今、一緒になれないのなら、いつか一緒になってほしい。
一度別れても、40歳と31歳で再会するとか…。
本当にお似合いの二人だと思うから、このまま終わってほしくないです。
今後の展開に期待します。

 

 

30歳の恋愛初心者の女性と9歳年下の大学生兼同会社のアルバイトスタッフとの恋愛をドラマ化しております。
9歳年下の男の子という条件だけでなく、学生という要素がプラスされるとやはり結婚に結びつくのは難しいことであります。

 

大学を卒業して、同会社で就職し結婚としてくれると願っていた彼女ですが、大学院へ進みその後はアメリカで企業家としての勉強、ゆくゆくは起業と彼女との将来というよりも自身の夢を最優先として突き進む彼氏。

 

夢輝かせ突き進む彼氏に、結婚して欲しいとの一言が言えない彼女。
こういうことを言えばどうなるのかと妄想が、リアルに表現とされ他人事としては少しくすっと笑ってしまうシーンがあちらこちらと・・・。

 

心の声もより大げさに表現とし、恋愛初心者の心の葛藤が面白おかしく表現となっております。
かと思えば、彼氏の為に自身にはなにができるのか、あれこれ苦労しながら模索する姿はいとおしさを感じます。

 

彼氏の元カノの忠告もきっかけの一つではありますが、彼氏の夢の実現のために身をひくことを選択とします。

 

そういう一面にけなげさを感じたかと思えば、自身の気持ちの整理の為にその気持ちに近い本を買いあさったり、友達に相談したり、親に相談としたりと関わり・人間模様が大変おもしろく表現となっております。

 

普通に社会人で9歳年下と学生で9歳年下というのは、格段の差があるわけでありなかなか結婚へ結びつける、到達するのは難しいと感じました。

 

そんな彼女を遠くから、いろいろとちょっかいだしては怒らせたり、時にはアドバイスをしたりする玉木宏、彼とのやりとりも面白さの一つであります。

 

気になるから、好きだからちょっかいだす、愛情表現べたな彼が事業失敗から彼女への思いを断ち切り新たなる道を一度は選択とします。

 

あらたなる出発、偶然が偶然に重なりまたヒロインとの関わりが再開となり改めて彼女に対する気持ちを再確認し、再出発の場である自身のお店でプロポーズ、最初はヒロインも冗談だとスル―としますが、
彼が本気だとわかり一度はとまどいますが、彼氏と一緒にいる時の自身の、玉木宏と一緒にいる自身が自然な素の自分でいられるのは、玉木宏ではないかと感じ始めます。

 

玉木宏も今のままでいいと、今の君との結婚を望むと彼氏のことは気にしないとのこと。
最後ヒロイン彼女は、どちらかを選択とし結婚とするのか、またはどちらも選択とせず一人人生を突き進むのか
最終話がまちどおしいものでございます。

 

 

 
毎回キュンキュンしながらドラマを見ていました。
今回のみどころはなんといっても福士蒼汰くん!かっこよすぎてはなえさんに自分をリンクさせてキュンキュンしながら見ていました。

 

あと、個人的に好きなところははなえさんの妄想劇です。
今回福士蒼汰くんは真面目な役なのですが妄想部分ではコメディータッチに演じているところが面白くて好きでした。

 

毎回楽しみにしていましたがついに最終回。
最後はどうなるかな…と思ってけれど結局ハッピーエンド。

 

だけどたった1年しかアメリカ行かなくてその後なんの仕事についたのかあやふやになっていて、はなえさんが福士蒼汰くんの夢を潰したくないから別れたのにたった1年だけ行ったアメリカは何の役にたったのかそれをいかして就職できたのか・・・ということがよくわからずモヤモヤしてしまいました。

 

また、個人的に玉木宏好きだったので、もう少しくらい玉木宏にはなえさんが傾くようなシーンがあっても良いのではと思いました。
だって今までほとんど彼氏いなかったのに急にいい男が二人も来たらもう少し恋愛ベタ具合、有頂天具合を描けてもよかったかなと思いました。

 

最後に個人的にあんなアットホームな会社があったらいいな、あんな会社ならば仕事に行くことも楽しいのにな~と思いました。
子供が熱を出しても病児保育に預けられませんかとか、体調悪くてもとりあえず出勤してダメなら早退してという会社もあるのに上司が個人の背景を察知して休んでいいよというなんてなんて幸せな会社だな~と思いました。

 

私もナッツとか知識無いけれど務めたいです(笑)
こんあにいい会社だからひとみちゃん最後のシーンでは妊婦で産休後も戻ってきますなんていうシーンがあってもほっこりしたかも知れません。
はなえちゃんも是非結婚しても産休育休とって戻ってきて欲しいです!

 

ちょっと漫画チックな場面もありましたが、総合的に福士蒼汰くんのおかげでキュンキュンときめくことができたドラマでした。

 

 

あっという間の1時間のドラマが、とうとう最終回を終えてしまい、寂しい限りです。
私が花笑なら、浅尾さんを選んでしまいそうだけど、最後の最後に大城くんという選択肢もあったのかぁ!と、若かりし頃の自分に重ねて、妄想にふけったりしました。

 

でも、最後に幸せそうな花笑の顔を見れて良かったなぁと思います。
胸キュンの恋模様に、仕事風景、お父さんお母さんの長年連れ添ったウマの合いっぷり、マモルの存在、どれをとっても、暖かく、優しく、花笑が、周りの皆に愛されてるんだなぁと感じられました。

 

贅沢を言うと、田之倉くんでなく、浅尾さんパターンのラストも作って欲しくなりました。
言いたいこと言えて、それはそれで、すごく幸せで楽しそうな家庭を持てそうな気がします。

 

田之倉くんとは、その後、無事にゴールインして、結婚までたどり着いているのかなぁ。
子どもも二人くらいできて、幸せそうな家庭を作っているといいなぁ。

 

花笑のドラマ内のモノクロになる妄想部分には、いつも笑わせてもらいました。
恋すると妄想しちゃいますもんね。
特に、将棋のコマのところが最高でした。

 

原作のマンガは読んだことはないんだけど、あの役柄なら、この人たちが最高!という素晴らしい配役だったと思います。
特にお母さん、マモル、何ともたまりません!ブルドックって、あんなに可愛い犬だったんだぁと、少し欲しくなりましたもん。

 

槇原さんの主題歌「FALL」も、軽快な感じで、毎回、エンディングで流れるのを心地よく聴いていたのだけど、今更ながら歌詞を確認しながら聴くと、なんともドラマにピッタリの曲ですね~。

 

年齢を重ねると恋愛からは遠ざかっていくものだけど、こういうドラマでドキドキを感じるのもまたいいですね。
壁ドン、頭ポンポン、ごちそうさまでしたって気分です。
そして、大城くんの言う、困った時には、ケチャップ!!是非とも使わせてもらいたいです(笑)
3年後とかのその後を、スペシャル版として希望したいところで

 

 

このドラマはほんとに綾瀬はるかがかわいい。
そして福士蒼汰がかっこいい。
一人で見ていてキュンキュン・ニヤニヤが止まりませんでした。
花笑の妄想にも楽しませてもらいました。

 

実は私、初めは田之倉くんは花笑に対しては遊びで最終的に裏切るんじゃないか、何か裏があるんじゃないかと思っていました。
つき合ってもいないのに誕生日にサプライズしてくれたり、トントン拍子に事が運ばれていて、こんなイケメン男子はいるはずがない!と疑いの目しかありませんでした。

 

今思えば本当に田之倉くんに悪いことをしたなと思っています。
それに、30歳まで恋愛経験がない花笑にそんなひどい仕打ちをするドラマなんて・・・可哀想すぎますよね。
自分はどれだけ性格悪いのか、と最終回を見終わって思い、反省しました。

 

ストーリー的には花笑と田之倉くんが一般的なカップルと同じように山あり谷ありそれを乗り越えていくという至って普通な内容ではありましたが、花笑の妄想や、会社の同僚の恋模様等がやはりいいスパイスになっていたと思います。

 

またこのドラマを見終わっての感想としては、登場人物のキャラがとてもいい!!人として嫌な人が誰一人いなかったということですね。(ただし、田之倉くんの元カノを除く)

 

瞳ちゃんも初めは意地悪な憎たらしい後輩なのかと思っていたけど、全くそんなことなくてかわいいらしい後輩というかんじだし、加々見くんも仕事ぶり見てなんだよこいつ、てなってたけど、なんだかんだ可愛らしいとこあったし、何と言っても大城くん!めちゃめちゃいい人ではないですか!!

 

花笑と田之倉くんが交際していると分かった辺りから彼がとてもいい人じゃない?と気付きはじめ、最終回では、まさかの花笑のこと好きだったのか!という。彼の株が一番上がったんじゃないですかね。
大城くんも幸せになってほしいです。
朝尾さんも捨てがたかったんじゃないか?と個人的に思ったりしますけど。

 

 

終わってしまえば花笑、とてもモテてたんじゃん、今まで気付かなかっただけでは!?と思ってしまうほどでした。
元カノが出てきて田之倉くんと花笑を引き離したときはイライラ・ムカムカしましたが、結局はお互いのためにいい方向に向かっていったし、登場人物はいい人ばかりだったし、あーよかったよかった、ちゃんちゃん!というかんじですね。

 

期待せずみたドラマだったのだけど、久々にハマっちゃいました。
最初は、娘が見てたので何となく側にいて見てたって感じでしたが、ほんと面白くなって自ら録画までしてみてしまいました・笑

 

 

まず、ストーリーが、割とありそうで無さそうな展開だったのが新鮮。
年上の女と年下の男っていう組み合わせはもう、新しくないのだけど、ハナエさんのキャラがすごい可愛かったのと女の人に好印象を与えるような性格と設定は良かった。
綾瀬さんもとても魅力的に演じていましたよね。

 

 

対する田之倉くん!これは胸キュンキャラですよねー。
福士くんは、さすがのライダー出身。女心をくすぐる表情やしぐさをよく知っておられるって感じ。
21才にしては落ち着いていたのが気になるけど、やさいくて抱擁力のありそうなこれから絶対いい男になる予感のある男子を演じてくれました。

 

 

このドラマが面白かったのは主役の二人もだけど、脇役が良かった!
特にライバル関係にある人っていうのはドラマの成功を左右すると思うんですよね。

 

浅尾さん役の玉木さん。ほんと良かったです。
ライバル役はいい人すぎても、逆にないわー的な人でもダメなんです。
どっちにしよう?って悩む人じゃないと。その点ではすごいインパクトで入ってくるのでドキドキ感が増えました。

 

同僚の田口くんもいい味出してたと思います。
個人的には立花課長さん、理想の上司だわー。こんな上司ならついていけそうだな。

 

 

ファッション的にはハナエさんは役的には合ってるのかな?
ソックス姿がちょっとかけ離れてる感じ。
オフィスの場面が多いので男性陣はかっこいいスーツ姿。
女性のファッションで参考にできそうなものはなかったな。

 

 

主題歌は槇原敬之。
歌詞と音楽もピッタリで耳に残りました。
二人の気持ちの揺れ動く時にこの主題歌流れるとバッチリ気持ち入りました。

 

 

とても楽しいドラマでした。
綾瀬さんのナレーター部分はほんと笑えた。
基本、見ててしんどくならないドラマが好きなので私にピッタリだったと思います。

 

あっ犬のマモルの演技もうまかった。
主演男優賞だ。

-テレビ

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.