ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

テレビ

『ごめんね青春!』蜂矢りさと平助の仲は運命

更新日:

このドラマは本当に面白いです。
今まで見てきたドラマの中で一番面白いんじゃないかってくらい私は面白くて好きだす。
合併してからもっと面白くなりました。

 

ビルケンとゆたかの関係とか佐久間さんとかデブキャラの子とかクイズ王の男子、仲井さんみんな面白いです。
主役は、関ジャニ∞の錦戸亮くんでわたしの大好きな人です。
錦戸くんは演技が上手で見てて尊敬します。

 

もう一人、満島ひかりちゃんも演技が上手ですごいなって思いました。
満島ひかりちゃんは、今回ドラマで初めて知って可愛いなと思って見てたら演技も上手だな、完璧だなと思いました。

 

錦戸くんに強く言う満島ひかりちゃんがすごく思いしろいし、それにリアクションする錦戸くんも面白くて可愛いです。
こないだの話で、駅伝でのときの話がすごく面白かったし、感動しました。

 

ゆたかがゆるキャラのみしまるくんをしていたのが面白かったです。
最初は見てて面白いなって思っただけだったけど、後半になると、ゆたかが本気で真面目にやってることにすごく感動しました。

 

駅伝でみんなが走っているときのエピソードが流れるやつも面白かったです。
クイズ王の子が、デブキャラの子に告白していたことに笑いました。

 

結局青春高校はどべだったけど、そのあとの錦戸くんと満島ひかりちゃんの言葉に感動しました。
こないだは、会長が転校することになってびっくりしました。
見てるこっちもなんだか悲しくなりました。

 

でも、仲井さんは誰にも言わずに去って行ったのに陸橋のところにみんながいて泣いているところに私も涙しました。
今日の話はどうなるのか楽しみです。

 

主題歌の関ジャニ∞の言ったじゃないかもドラマにあっていていいなと思います。
歌詞に~言ったじゃないかというところがいっぱいあって、ドラマの中でも歌詞のセリフがあるので考えているんだなと思います。
言ったじゃないかのPVもすごく面白いのでぜひ見てほしいです。
このドラマがほんとに大好きです!

 

最初からいっぱい笑えました。
校長が隠している、カバさんであることをいっそばらして楽になってしまいたいと苦しんでいるシーンです。

 

そこにいる人達が皆ごめんねウナギのグッズを持っていたなんて。
それを、主人公の原先生とほぼテレパシーで会話しているのがとても面白かったです。

 

しかも、汗がすごいと心配して差し出したハンカチがそれもまたごめんねウナギだったことで更に苦しめてしまって。

 

校長の顔芸が沢山楽しめました。
しかも、蜂谷祐子さんが
せいしゅん高校の取材をするということでこれも話に関わってきました。

 

更には、サトシはべーやんが犯人と気がついていることをにおわせる発言をしていたのも気になりました。

 

そして今回はお父さんの再婚の話にもなって、この人が優しくて働き者だったことも良かったです。
ただ、結局再婚にはならなくて、身を引いてくれた優しいせつこさんが少し切なくなりました。
最後まで素敵な女性でした。

 

原先生のお母さんの、みゆきさんにもスポットがあたりましたが面白い人だったこともよく分かりました。

 

病院のシーン、涙が出てしまいました。
お父さん、実はこんな素敵な人だったんだなと感じました。
ラジオでお父さんのごめんねがすごく良かったです。

 

いよいよ原先生が、放火の犯人は自分だと告白をしていたのも大きかったです。
蜂谷先生にだけ伝えていましたが、ついに腹をくくったようですね。

 

見ていて、自分まで苦しくなりました。
ずっと悩んで苦しんでいましたが、やっぱり、主人公を通してドラマをみていると原先生は実は犯人ではなかった、という展開をどうしても期待してしまいます。

 

その告白を受けた蜂谷先生の反応、混乱してとりみだしていました。
役者さんの演技にすごく引き込まれました。

 

原先生が蜂谷先生に大好きだと言ったりもあり、次回はついに文化祭で、最終回です。
楽しみもな気持ちと、寂しさでいっぱいな自分もいます。

 

いずっぱこのつり革の伝説で、自分達の仲は運命だと信じきっている蜂谷先生。
やはり強いです。

 

 

クドカンが脚本か~ということで興味本位で見始めたごめんね青春!だけど本当におもしろい!

 

簡単なあらすじを言うと、14年前に仏教男子高「東高(とんこー)」とカトリック女子高「三女」の合併が頓挫する原因になった火災事件があり、その犯人であることを言い出せず大人になってしまった主人公、原平助が高校教師となって母校である東高で働きながら、再び訪れた合併の機会に自責の念も手伝って奮闘し、過去の罪とも向き合っていく物語。

 

私はクドカンの熱心なファンというわけではないのでクドカン節とかはよくわからないけど構成がすごくうまいな~と思った。

 

随所に細かくネタが盛り込まれてて、スピーディーでセンスの効いた会話の応酬が聞いてて気持ちいい!

 

生徒たちも個性的でどの子もとっても魅力的。
一難去ってはまた一難を繰り返すけどその流れがとってもスムーズ。
問題は一個ずつ解決されていくのだけど根底にはずっと平助の懺悔したい気持ちがあるんだよな~…。

 

それが見え隠れする以上はいつ告白するのか気になって仕方がない!
と思ってたら7日の放送でついにその時が来た!!
9話目にして!ってまだ9話しかやってなかったの?ずいぶん濃い9話分だったわ…

 

9話は本当に盛りだくさんの内容だったなー。
まず前回地元ラジオの番組パーソナリティーのカバさんが校長だって平助にバレちゃって、泣いて抱き合う話はほほえましかったな~!

 

それあり気で今回学校関係者が一同に揃った時、みんなラジオで出演した人が貰えるグッズ持っててリスナーが身内ばっかりなのに気づいてすごく面白かった!
大きな本筋の裏で地味~に毎話楽しんでたプチエピソードも展開を見せて楽しい!

 

そして平助が原因で失踪してた祐子が戻ってきてから加速的に物語が進んでる気がするな。
平助が二つの意味で蜂矢先生に告白するところは見てるこっちが緊張した…。

 

蜂矢先生もパニックだよね、好きな人が自分の姉に罪を着せた張本人で、家庭崩壊も学校同士が不仲になったのもみんなみんな平助のせいで、だけど全てを打ち明けて自分のことを好きと言われる。
もう怒りたいし泣きたいし嬉しいけど悲しいし混乱する蜂矢先生を見事に満島さんは演じててすごく共感できたな…。
後一話で終わってしまうなんてどうまとめるのかすごく気になる!

 

『ごめんね青春!』なりきりLINEやラジオの生電話で・・・

回を増すごとに面白さも増していると感じます。

 

今回は、壁ドンのオンパレードでしたが、それぞれの壁ドンがまた面白くて良かったです。
ドラマを観ていて、何度も笑いました。

 

男子と女子が仲良くなっていて、観ていてちょっとほのぼのとしました。
すごく進展もあったと感じます。

 

クイズも、コスメも、食欲にも笑ってしまいます。
マドンナ先生のなりきりのLINEも面白かったですし。

 

一人クローズがまさかの相手に好かれていてびっくりでした。
しかもデートしていたり、ファンがついていたり、色々驚きが多かったです。

 

例のラジオも今回はハッキリ誰なのか顔も映りましたが、あの声でリスナー誰も気がつかないのもちょっと面白いです。

 

そしてラジオでの生電話では、なぜか相談ではなく告白の練習、話すとどんどん身元もバレバレで笑えました。
あわてるDJもまた面白くて。

 

しかし、結局生徒会長は誰を好きなのかというのも気になりましたが、水族館で相手も判明、まさかの相手でした。
教師に恋する男子生徒だったのかと驚きましたが、蜂谷先生にはさらに驚きました。

 

こういう人こそが恋愛にはまったらヤバイことになるタイプなのだろうかと思いました。
怖すぎましたが、すごく笑ってしまいました。
主人公の原先生、生徒に告白されるという事態にもなりました。

 

でも、あんな可愛い子に告白されてこれからどうするのだろうかと気になります。
なにせ、蜂谷先生が原先生を運命の人だから結婚するというのだから、今後の展開が気になります。

 

気になるのは、兄の行方もです。
仲むつまじい、元グラビアアイドルの奥さんとはどうなるのでしょうか。

 

マドンナ先生、綺麗になって、兄との出会いのシーンはすごくツボでしたけど、
まさかのラストシーンでの壁ドンは、今後のストーリーにどんなトラブルを巻き起こすのでしょうか。

 

生徒たちのそれぞれの恋の行方もどうなるのか分かりませんし、どんな笑いが待っているのかも楽しみです。
皆が皆マイペースだったり、変だったり可愛かったり面白くて、今の日曜日の楽しみになっています。

 

さとしも出てきて、今度は蜂谷先生の姉も出てくるのか、どうなっているのかもみてみたいです。
そして火事の件、どうか他に犯人がいて欲しいと思ってしまいます。

 

 

一人クローズが、彼女のビルケンのファン達に襲撃にあってしまうシーンは悲しくなりました。

 

 

あんな感じな彼だけど実はボンボンだったり、秘密のバイトをしていたり、その人柄などにスポットがあたる感じになりましたがそれがすごく良かったです。

 

生徒会長が貧乏で苦労人なのに、あんなに明るいというのもなんだか好感度が上がりました。
それを一人クローズが自分のプロフィールにしていたのも笑ってしまいましたが。

 

クラスの仲間が一人クローズのために駅伝で犯人たちにリベンジしてやろうとするのも良い流れでした。
感動して泣いている原先生は気持ち悪がられてしまって、やはり残念な感じでしたね。

 

身長150センチで、150センチの棒を持ったカリスマ的な仕事をするおじさんをお笑い芸人の中川家のお兄さんが演じていたのもちょっと面白かったですし。子供達のためにバイトをしていることを内緒にして、クラスの皆から批判されてしまうのは、もどかしくなりました。

 

原先生は、教室で面子と黒板にかいて、その話をしていましたが、そこも良かったです。

 

今回、主人公の原先生の案が採用されて、学校名が聖駿に決まりましたが、ドラマのタイトルにも青春と入っているのでそこがリンクした感じも良かったです。

 

マドンナ先生、原先生の兄が既婚者だということを知ってしまい、今後どうなるのかもすごく気になるところです。

 

一平さんの奥さんも何やら感ずいているようで、あんなに仲良しだったのに可哀想ですし。
でも、マドンナ先生も幸せになって欲しいです。

 

しかも、お母さんの姿が一平さんにもみえて、不倫の事を怒られていました。
本当にしっかりして欲しいものだと長男をみていると思ってしまいます。

 

これからあのお母さんがどう関わっていくのかも注目したいです。
ところで、えなりかずきさん、あのお坊さんの格好が似合っているなぁと毎回みるたびに思います。

 

さとしも蜂谷姉妹のお父さんにちょっと認められてきたようで、なんだかほっとしました。

 

次回はいよいよ駅伝がスタートします。
にしまるくんがエールを送ってるのが面白かったです。
西高に負けないで欲しいです。

 

クラスの誰かには、私の一人クローズのバイトはばれてしまうのではないかという予想は当たることはないかもしれませんが、続きを楽しみにしています。

 

 

箱根まで駅伝、それぞれの想いを抱えての面白い展開でした。

 

第一走者の中井さん、先生を好きになってしまったけど
親の都合で三週間後に引っ越しするというので可哀想でした。

 

中井さん、可愛いし好きなのに出番がなくなってしまうなんて寂しいです。
しかも海老沢くんと付き合ったりその海老沢くんはあべさんとよりを戻してしまったり、、困った男だとは思いましたが、実力以上の走りを見せてくれたのは良かったです。

 

しかし、蜂谷先生を好きになって告白するもふられた半田くん。
筋肉がすごくてついつい目が行ってしまう体つきをしています。

 

しかも、好意をよせてきたあべさんと付き合うことになったというのにあわなくて苦しんだあげく、コスメと付き合うというのだから驚きました。ゲイなのか聞かれたら、その可能性にかけてみるという答えも彼らしさもあって笑えました。

 

大木くんは残念な人だったことがよくわかりましたし、神保さんもなんだか可哀想なような立ち位置になっているんだなと知りました。
まさかの遠藤ちゃんの走りの早さと活躍も意外でしたが、遠藤ちゃんラブなクイズ王もすごく良いと思いました。

 

こんな展開読めなかったという連続で笑えて楽しめています。

 

主役の原先生も見せ場がありましたが、まだ蜂谷先生には響かないことはがっかりでした。

 

一人クローズは結局みしまるくんだった事がばれました。
彼の誤解もとけるだろうから、ばれてしまえば良いのにと思ってたのでそこも満足でした。

 

どんどん良いクラスになってるなと、蜂谷先生のクラスに言葉をかけるシーンで感じました。
シスターと校長もカバさんを通じてあたたかいシーンになりました。
シスターと校長もうまくいって欲しくなりました。

 

サトシの田中義武ファッションにも笑ってしまいました。
そしてサトシに対して、ほっといてと原先生が言ったのも大きかったです。
今後のこの二人の関係はどんな風なのか気になってしまいます。

 

文化祭のことでクラスがもめてしまったけれど、中井さんは事情があるから仕方ないけれどもどかしくもなりました。
早く皆に話して打ち解けて欲しいものです。

 

けれど、いよいよ兄の不倫の事が分かってしまいましたが、もう兄と弟のやりとりが今回の話ではとくに笑いました。
表情や言葉や動きなど、面白すぎました。
兄の恋、どうなってしまうのか気になります。

 

来週の予告編でも気になるシーンばかりで早くみたいです。

 

『ごめんね青春!』りさと平助の恋の行方は?小ネタ満載笑えるドラマ

番組宣伝も特に派手ではなかったし、どういうドラマか、全然知らなかったし、知っていても観ようとは思わなかったし、実際、1話とかは観てません。
でも、たまたま何話目かを観て、すごく面白くて、録画してまで観るようになりました。

 

 

面白いなぁと思ったら宮藤官九郎脚本なんですね。
なるほど!と思いました。

 

宮藤官九郎、岡田惠和、野島伸司って、なんとなくドラマ観てるとこの人が書いたかなって分かるような面白さがありますよね。
宮藤官九郎は、ドラマの中身が大したこと無くても面白かったり、逆に重い内容でも軽く観られてしまう良さがあります。
老若男女に見やすいドラマですよね。

 

 

このドラマも、大した中身ではないのに、すごく面白い!って思わせるところがすごいですよね。
男女共学を目指すなんて、どうでもいい学園ドラマなのに、ついつい観てしまう流れとテンポ。
そして、その面白さ、テンポを予想して、期待して、期待通りでも予想が外れても嬉しくて笑っちゃいます。

 

 

今週は、好きでもないのにこの人!と真面目な英語教師が主人公に思ってしまう、そして、その真面目な英語教師を好きな男子がいること、主人公のことを好きだと思っている女子生徒がいること、けっこう何話かに分けていいんじゃない?っていう内容のことを一話におさめてしまうところがすごいですよね。

 

そして、恋愛の内容が濃い今回の一話なのに、恋愛ドラマみたいにキュンキュンする事はあまり、いやほとんどなく、笑い転げてしまうところがまた宮藤官九郎のドラマのいいところですよね。是非、悩んで死を考えてしまっているような方、疲れてノイローゼになってしまっている方にみてほしい!

 

私も悩んでいたり疲れていたりしても、一話観るだけでふきとんでしまいました。

 

 

昔の学校放火の犯人と疑われているのが真面目な英語教師の姉で、でも、実際に放火してしまったのは、その英語教師が今後意識していく主人公という、複雑な内容に、今後の展開もとても期待してしまいます。

 

そして、その重い火事という内容に、どのようなタッチでドラマを展開していくのかが楽しみです。

 

 

このドラマは、今期1番ハマっているドラマです。
主人公の錦戸さんはもとより、脇を固めているキャストが素晴らしいです。
個人的に好きなのは、坂井真紀さんです。

 

今回は、今までのイメージとはかけ離れたコメディ役で見ていて楽しいです。
そして、安定感のある生瀬勝久さん、最高です。安心して見ていられます。

 

このドラマの面白いところは、誰一人としてまともな思考をする人がいないこと。
一見、まっとうな感じの錦戸さん演じる平助ですが、高校生の時に裕子に告白するまでの流れを見ると、何故「そうなる?」と思ってしまいます。

 

花火大会に誘って来た返事が「行けたら行く…」、何故かそれを「絶対来る!」と脳内変換して待ち続けたり…。
まぁ、あの時は好きな女の子に告白してテンションが上がっているところに、サトシのポジティブ助言もあり、つい舞い上がってしまったんでしょうね。

 

唯一常識のある思考の持ち主は、意外にも古井君でしょうか。
トリンドルさん演じるビルケンに好かれている状況に「なんで俺なんだよー!」と叫んでいました。

 

そのシーンを見て、一気に古井君が好きになりました。
「コボちゃん」には爆笑しました。

 

第4話では、東高と三女の文化祭実行委員のメンバーで「みとしー」に行きますが、2つの告白があって面白かったです。
それぞれが「愛しいアホ」で憎めない可愛さがあります。

 

ドラマを見ていて、撮影している現場もすごく楽しいんだろうな?と思います。
今まで見たドラマの中で、こんな風に感じたのは初めてです。

 

宮藤官九郎さんの脚本なので、これからもっとハチャメチャに弾けて欲しいです。
最近では、ドラマのワンシーンを思い出してニヤニヤ笑ってしまいます。これも官九郎さんの狙いでしょうか。

 

今後気になるのは、裕子の行方です。
りさは「姉とは会っていない」と言っていて、4話では「病弱だった」というキーワードが出ていたので、もしかして…とも思ったり。

 

そして、気になるのは平助のお母さん。もう亡くなってる?代わりにあの観音様を作ったの?ちょっと謎ですね。
毎週日曜日が本当に待ち遠しいです。
どんどん先が見たいけど、終わってしまうのも寂しいな?と思えるドラマです。

 

 

今回もテンポよく小ネタ満載でとても楽しめました。
視聴率が伸び悩んでいるようですが、日曜日の夜に気楽に見られるドラマとしては及第点ではないかと個人的には思います。

 

 

ヒロインの満島ひかりはとても頑張っていますが、一生懸命すぎて、また容姿も痩せすぎていて、正直全体的に痛々しい感じがしてしまうのですが、斉藤由貴、坂井真紀、風間杜夫、生瀬勝久、といったベテランの俳優陣の肩の力の抜けた弾けた演技が見事で笑えます。

 

特に風間杜夫は本当にヒドイ下ネタ満載のセリフだらけなので、見ているこっちが俳優生命に影響はないのか、あんなセリフ言わせてしまっていいのか?とひやひやしてしまうほどです。
また男女の生徒達もそれぞれ善戦しています。特にトリンドル玲奈ちゃんとおさるの絡みは見ていてとてもかわいらしくて和みますし、AKBの川栄さんも意外にも演技が自然体で違和感がありません。

 

 

これからコメディタッチで話が進む中で過去の放火事件になんらかの決着がつくのだろう、とは予想されるものの、正直あまり先が見えない感じのドラマです。
次回予告でいきなりえなりくんとどんまい先生の不倫疑惑が描かれていて非常に驚きました。

 

あんな元アイドルのかわいい妻をもっているえなりくんがまさか浮気するとは全く予想がつきませんでした。
でもまあ、えなりくんとどんまい先生の不倫騒動は話の本筋ではないので、たぶん賑やかし程度で終わるのではないかと思われます。

 

電車のなかで壁ドンまでした満島ひかりと錦戸さんとの恋?がどう展開していくのか、また生徒達それぞれの恋愛事情はどうなっていくのか、男子校・女子高がどのように共学に向けて前進していくのか、そして過去の放火事件がどのように回収されていくのか、がこれからのドラマの大きな見所となっていくと予想されます。

 

視聴率稼ぎのためにヘンな方向へ暴走することなく、丁寧なつくりの明るいコメディドラマとして最終回まで貫いていってくれたらと願うばかりです。

-テレビ

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.