ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

音楽

クラシック音楽は退屈?映画やアニメで多用される、実は身近なもの。

更新日:

33debc9d78990af434a49e594a0ba7ba_s
クラシック音楽を嫌い、知らないと言う人でも、そう思い込んで実は結構、思っている以上に慣れ親しんでいるということが良くあります。
 
 
クラシック音楽を堅苦しいもの、つまらないものという意識は音楽の時間に最初から最後まで聴かされたり、クラシックはなじみのないという先入観からきていることが大変大きいと思います。
 
 
そんなふうに、クラシック音楽ってお堅いイメージがありますが、意外に身近な音楽なんですよね。
たとえば、ドラマやコマーシャルのBGMし使用されていたり、フィギュアスケートでプログラムに使用されたりします。
 
 
もう一つの原因に、ポップス等に比べて1曲が大変長く、じっくり聞くと疲れるということがあるかもしれません。
この場合は、ちょっと肩の力を抜いてみましょう。
あまり意識していなければ、クラッシック音楽は、スッと入ってくるはずですからね。
 
 
色々な用途で使われるクラシック音楽は汎用性が高い音楽です。
運動会で、アニメで、映画で、ゲームでいろんなところで自然と接して楽しんでいませんか?

映画にも使われるクラシック音楽

6f2c310f5be79f2127e366b90836d3ec_s

アニメで言えば、ディズニー映画(特に昔の)ではクラシックが多用されていました。
そうアニメーションを見ていてバックの音楽は、背景で盛り上げたり感情移入に貢献しています。
 
 
ウイリアム・テルや天国と地獄、春の祭典など無意識に聴いていて知っていた曲は、あとで考えてみたり調べてみると実は、アニメやドラマなどで使われていたということに気がつきます。
 
 
いかに、大衆的かというのは映画というジャンルでも同じです。
スターウォーズの音楽を担当したジョン・ウィリアムズがクラシックの音楽にこだわったのは、多くの人が聞きやすくて抵抗感がないという理由だったということからもわかります。
 0870b57c728d3b9739b2c03f2dad4498_s
 そういったことで映画には、クラシックが多用されています。
 
 
例えば、2001年宇宙の旅では、クラシックが効果的に使われています。
映画としては、SFマニア等以外は難しいテーマと内容でしたが、「美しく青きドナウ」等の名曲で柔らかなイメージで見やすくなっています。
 
 
テーマ曲はさらにこの映画で印象的な「ツァラトゥストラはかく語りき」、この音楽なしではSFの金字塔としての映画になっていたかわからないほどです。
 

フィギュアスケートでも頻繁にクラシック音楽が使われている!

013005 
浅田真央さんはクラシック音楽を選曲することが多く、中でもショパンの曲を多く使用していますよね。
ノクターンは2度ほど使用しましたし、他にも幻想即興曲、羽生結弦さんのイメージがある「バラード1番」をエキシビションで使用したことがあります。
 
 
ノクターンというのは夜想曲と訳されます。
全部で21曲あり、真央さんが使用したのは2番で一番有名ですね。
 
 
真央さんはショパンのほかにもリストの「愛の夢」やラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」、チャイコフスキーの「白鳥の湖」などを使用しています。
 
 
特にソチのフリーで使用した「ピアノ協奏曲第2番」はスケーターの中では真央ちゃんの曲と呼ばれており、その曲のイメージが真央さんのイメージそのものになっているようです。

初心者でも入りやすい「ピアノの詩人」ショパンはいかが?

chopina

さて、自分がクラシックを聴くようになったのは、近藤嘉宏さんというピアニストのファンになり、コンサートに足を運ぶようになったからです。
 
 
彼はショパンやベートーベンなど、耳なじみのある曲を演奏してくれるので、コンサートでは眠くなることもなく最後まで楽しく聴く事ができます。
 
 
ショパンの曲は優しい曲調のものが多く、初心者でも入りやすいのではないかと思います。
ショパンはポーランドの作曲家であり、ピアニストです。
若くして亡くなっており、晩年は病気がちだったようです。
 
 
「ピアノの詩人」と呼ばれ作曲した曲ほとんどがピアノ独奏曲です。
国際的なコンクールでショパンコンクールという大会もあるほどです。
b2c522633fdc990132177f86616f2954_sドラマのクライマックスに使用されることが多い「エチュード革命」は聴けば誰もが聴いたことのある曲なんです。
 
 
「英雄ポロネーズ」は昔、水谷豊さんがピアニストの役を演じた「赤い激流」というドラマの中で、豊さんが出場したコンクール一次予選の課題曲でした。
この曲を聴くと今も豊さんのイメージがあるんです。
 
 
二次予選はリストの「ラカンパネラ」、決勝がベートーベンの「テンペスト」でしたが、やはり「英雄ポロネーズ」が印象深いですね。
 
 
クラシックがよく分からなくても、なんとなく耳なじみがあって自然に入ることができるのがショパンではないかと思います。
 
 
時間に追われる生活に流されてしまいがちですが、たまにはクラシックを聴いてスローな生活を楽しむのもいいですね。
 

あなたもきっと耳にしている!クラシック音楽の有名な曲

誰でも1度は耳にしたことがある有名な曲をピックアップしてみました。
ぜひ聴いてみてくださいね。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

-音楽

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.