ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

音楽

ショパン「別れの曲」YouTube動画あり!想像力をかきたてた名曲

投稿日:

ルイ=オーギュスト・ビソンによる晩年のショパン子供の頃、クリスマスプレゼントに何が欲しいと聞かれて「ショパンのピアノ曲のレコードが欲しい」と言ったら、両親に怪訝な顔をされました。

 
 
特に音楽一家というわけでもなく、自分自身ピアノを習っていたわけでもなかったので「どうして?」と両親が思ったのも無理はないと思います。
 
 
どちらかというと地味な性格で、一人で本を読んだりして過ごすのが好きな子供でした。
そんな私にとって、クラシック音楽というのは、まだ見たことがない異国の王子様とお姫様の世界を想像させてくれるものであったように思います。
 
 
特にショパンのピアノ曲の美しい旋律を聞くと「外国の広いお屋敷で、バラの花に囲まれて優雅な生活をしている自分」を空想して、何時間でも過ごすことができました。
 

今でもよみがえるあの頃の感覚

391112

大人になった今、もうそんなイメージを抱くことはなくなりましたが、クラシック音楽を聞くと子供の頃、想像だけで、どこまでもいけたあの感覚がよみがえってきて、懐かしい気持ちになります。
 
 
また、あるはずのない空想の世界を再び垣間見ることができる特別な世界への入り口のようなものでもあります。
特に私の心を揺さぶるのはショパンの「別れの曲」ですね。
どうしてだかわからないけど、この曲を聞くと今でも涙が出そうになります。
 

クラシック音楽・私の選び方

226382503c425fc84a8b6beca25cb4e5_s

どれだけ時が経過してもけっして古くならない、いつまでも人々の心を揺さぶり続ける「クラシック音楽」ってやっぱりすごいと思います。
 
 
演奏者については、あまりよくわからないのですが、聞き比べてみるとやっぱり、それぞれの演奏者の個性があるものですね。
技術的にすごいとか、才能があるとか、むつかしいことは理解できませんが、「この演奏がなんとなく好き」という感覚で選んだりしています。
 
 
その点では「葉加瀬太郎」さんの演奏はやっぱり素敵です。
他の演奏家さんと比べて、どこがどう違うのか説明はできないですが、心に響いてきます。
改めて、じっくりいろんなクラシックを鑑賞しなおしてみたいですね。
YouTube Preview Image

-音楽

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.