ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

美容・健康

シミ予備軍を抑えることってできるの?オススメの成分は?

投稿日:

スキンケア・若い女性まだまだ30代になったばかりだし、肌のトラブルなんて無縁と思っている女性も多いでしょう。
 
 
しかし、30代からは肌の曲がり角と言われるように、様々なトラブルが待ち構えています。
 
 
20代の頃はメイクを落とさず寝ても困ることもなかったという女性も、30代に入ってくるとちょっとしたことで、シミやシワ、ニキビなどのトラブルを抱えるようになります。
 
 
30代になると肌トラブルが目に見えてわかるようになります。
 Beautiful asian woman on blue background
例えば、くすみ
今までは白くてハリもあった肌でも、皮膚の血行不良や肌のターンオーバーの乱れにより、肌がくすんだように見えます。
 
 
また、加齢によって肌内部のコラーゲンの減少や紫外線によって、シワやたるみの原因になっていきます。
 
 
また毛穴自体も涙型のように開いてきてしまいます。
さらに年齢を感じさせてしまう、シミも、経年浴び続けてきた紫外線によって、メラニン色素が沈着した状態になってしまっています。
 
 
これらの肌トラブルは、年齢をとても感じさせてしまうものですから、対策をしっかりとっておかないといけません。
まだまだ若いと思っていても、肌はしっかりと老化していっています。
その為、今からでもアンチエイジングをする必要があるのです。
 
 
シミは一度出来てしまうと、肌が元の状態に戻るまでにとても時間のかかるものです。
また、コンシーラーなどで隠し続けることで、肌への負担も増えてしまいます。

シミができてしまう5つの原因は?

浜辺でジャンプする水着を着た2人の女性の後ろ姿

1.紫外線

紫外線は表皮の一番下にある基底層メラノサイトでメラニン色素を生成し、周囲の表皮細胞に供給することでメラノサイトでメラニンが増えてしまいます。

2.摩擦

メラニン色素は肌の刺激によって活性化されてしまいます。
その為、ゴシゴシと洗うような間違った洗顔方法をしている人はシミの原因を作っている状態です。

3.メイク用品

メイク用品に含まれている香料やタール色素により、アレルギー反応によって皮膚炎を起こしてしまい、それがシミの原因になってしまうこともあります。

4.食事

白砂糖や油を過剰に摂取する食事をしている人は、体内で活性酸素が増え、老化の原因となります。
大量のビタミンやミネラルが奪われてしまうと、細胞の働きが悪くなります。
このような食事を続けていくと、シミ予備軍を肌内部に待機させている状態になってしまいます。

5.体調変化

ストレスやホルモンバランスの乱れにより、色素細胞の刺激ホルモン量が増え、メラノサイトに刺激を与えてしまいメラニン色素を生成します。
 
 
これらの原因を無くしていくことで、シミができにくい状態を作り出します。
 
 
また、スキンケアの見直しや紫外線対策などのシミ対策をしっかりすることで、シミ予備軍を抑える効果が期待できるでしょう。
肌内部に隠れている状態のシミ予備軍に対して、肌上部に出てくる前に抑えることをおススメします。
 
 
市場では、様々な美白コスメやシミ対策のスキンケアなどたくさんありますが、その中でもシミ予備軍に効果的でしっかりと抑えることができるものを選ぶようにしましょう。

シミ予備軍に効果的な7つの成分とは?

ビューティー

●ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、肌の中にビタミンCがしっかりと入ってくれるようにしてくれている物を言います。
抗酸化作用で肌のくすみや美白、肌のトーンアップに役立ってくれます。
 
 
ビタミンC誘導体は、肌が乾燥しやすいというデメリットがある為、保湿成分と一緒に使用することが効果的です。

●アルブチン

なしやコケモモに含まれている成分で、メラニン生成を抑える効果があります。

●エラグ酸

イチゴやラズベリーなどに多く含まれている抗酸化作用の強い成分です。
メラニン生成を抑える効果があり、肌への刺激が少ないのが特徴です。

●トラネキサム酸

肝斑(かんぱん)の治療に用いられる成分です。
メラニンを抑えたり、肌あれを改善してくれる効果が期待できます。

●プラセンタエキス

動物(豚の胎盤)から抽出された成分で、美白効果や保湿に長けています。
代謝を上げてくれる効果もあり、血行を促進してくれる為、顔色も良くなります。
 
 
プラセンタは、更年期障害にも効果的だと言われ、アンチエイジングには欠かせない成分の1つです。

●リノール酸

サンフラワー油から抽出した成分で、メラニンを分解してくれます。

●カモミラET

カモミールから抽出された成分で、美白効果があります。
また抗炎症成分としても有効です。
 
 
この他にもシミ予備軍に有効な成分はありますが、これらの成分がしっかりと入っているスキンケア用品やコスメを選ぶことで、シミを抑える効果が期待できます。
 
 
また、できてしまったシミに対してはメラニン還元作用があるものが必要となってきます。
 
 
シミ対策は通年で行うようにしましょう。
日頃から紫外線対策として、外出時には日焼け止めをしっかりと塗り、日傘などを使用してください。
 
 
また、洗顔は肌表面を傷つけないように泡立てた洗顔フォームで優しく洗うようにしましょう。
 
 
 

-美容・健康

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.