ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

音楽

「ラプソディ・イン・ブルー」のだめカンタービレのテーマ曲

投稿日:

img9a34b4d4zik0zj今でもクラシックのクの字も興味のない姪が小さい頃、私がラプソディ・イン・ブルーを車の中で聴いていると「これ知っているよ!」って、驚いて「えっなんで知ってるの?」
って聞いたことがありました。
 
 
 
この曲は、私がモーツァルトやベートーヴェンやチャイコフスキーなどの一般的なクラシック音楽から、シンセサイザーの冨田勲を知り、その関連でいろんなクラシック音楽を聴き始めたり、ジャズを知り始めた中学生の時ありとあらゆる音楽を聴き始めたころに出会ったので、当時クラシックにもジャズ調のこのような曲があるんだって思ったものでした。
 
 
 
それを小学校に入ったばかりの姪が知っていたとは驚きでした。

ドラマ「のだめカンタービレ」のテーマ曲に使われる

c89df0f05313e649bc0cecb6be1fddd5_s

姪曰く、テレビで見たからということで、姪の父親である弟やその奥さんである母親もクラシック音楽をテレビで聴きそうもないので不思議だと思ってたら、どうやらドラマ「のだめカンタービレ」のテーマ曲であるとのこと。
名前とちょっと内容は知っていたもののテーマ曲がこれだとは知りませんでした。
 
 
ラプソディ・イン・ブルーは、 作曲家のガーシュウィンがオーケストラとピアノでジャズとクラシックの融合を図った曲です。
 
 
もっとも、彼はこのヒットでちゃんとした作曲法を習おうとしたのですが「君のオリジナルを大事にしなさい」というアドバイスをもらったぐらいですから、本格的なクラシック畑の人じゃないみたいなんですがね。
 
 
ということで独学で学びそのあといくつかの作品を作成しています。
当時私が買ったレコードのラプソディ・イン・ブルーのB面に入っていた曲で、パリのアメリカ人なども有名です。
 
 
 
ガーシュインは、クラシック音楽も作曲しましたが、基本的にはポピュラー音楽の作曲家だと私は思っています。
後で知ったのですが、有名なサマータイムなどもこの作曲家が作ったということでした。
このサマータイムは、数多く名曲、カバーがありますが、個人的にジャニス・ジョプリンが歌っているのが強烈でしたというのは余談ですがね。
 
 
このようにドラマや映画をきっかけにして、クラシック音楽を好きになってくれる人が増えたらうれしいなと思います。
 
 
YouTube Preview Image
 

-音楽

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.