ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

音楽

睡眠を促すようなショパンのピアノと共に心安らぐひととき

投稿日:

b4c217f5cb26684b9a7aa12b5f49d33d_s皆さんにとって忙しい日常の中で「心安らぐ時」とは、どのような事をして過ごしている時でしょうか。
人それぞれだとは思いますが、私にとって心安らぐ瞬間、それは誰にも邪魔されずゆったりと好きな音楽を聴いている時でしょうか。
 
 
繊細で表情豊かなメロディーを聴く事は、時に日常の苛立ちを沈め、穏やかさを取り戻してくれます。
クラシック音楽を聴くとα波が出て、リラクゼーション効果が高まると言われていますが、実際そうした部分もあるように感じます。

大好きなショパン

chopina

私は特にショパンの音楽が大好きなのですが、その曲には心癒されるものがあり、折につけその美しい曲に耳を傾けています。
 
 
ショパンはロマン派を代表するポーランド出身の作曲家です。
病弱で神経質な一面を持つ人物だったと伝えられています。
 
 
また「ピアノの詩人」と言われるように、多くのピアノ楽曲を作曲しています。
繊細さあり、激しさあり、優雅さ気品もある彼の音楽を聴く事は、私にとっての日常であり、心落ち着く時でもあります。

私なりのクラシックの楽しみ方

492271

音楽を聴くのももちろんですが、作曲家についての伝記を読んだり、調べたりすることは意外な発見などもあり、より音楽を身近に感じられる事かと思います。
 
 
作曲家にゆかりの土地などを旅する事も、心躍る事だと思います。
静岡県浜松市のショパンの丘と呼ばれる高台に、ワルシャワ市から贈られたショパン像があります。
 
 
私はここを訪れ、その像の横で写真を撮って来ました。
もちろん本人ではありませんが一緒に写真に写るだけでも感激でした。

望むこと

a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_s

もし叶うなら、ショパンがどんな表情であのような美しい曲を作っているのかこの目で見てみたいし、サロンで愛用のプレイエルのピアノを演奏しているショパンに会いたいです。
もう少し現実目線でいくならば、ショパンの足跡を辿る旅行ツアーなどあれば、是非参加したいと思います。
 
 
ショパンの生家があるジェラゾヴァ・ヴォラ(早口言葉になりそう)・ショパン博物館・ショパンの心臓が保存されている聖十字架教会・病気療養の為、恋人のジョルジュ・サンドと共に訪れたというマヨルカ島など、訪れたい場所を挙げたらきりがありません。
 
 
最後に、ショパンについて知らない事がまだまだ沢山あるかと思いますので、これからもそれに触れつつ、彼の音楽を楽しんでいきたいと思います。

-音楽

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.