ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

音楽

子供への音楽の影響の心理は?3拍子ワルツが私にもたらしたこと

投稿日:

c7fb14b42ef6aa2da2c904682cbe1e15_s3拍子のワルツが好きで、クラシックはもちろんポップスでもワルツ調の曲は好きな曲が多いです。
高校になるまでその理由はわかりませんでしたが、高校の時にその起因の1つである原因にいきついたのです。
 
 
 
ステレオのレコードがかなり多くなってきたので、整理しようと思っている時に、クラシックのシングルレコードが何枚かでてきました。
 639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s
幼稚園や小学校のときもレコードがありましたが、それは全て特撮やアニメそして子供の音楽でクラシックとは全く関係無いと思っていましたが、実は、幼稚園に入る前にこれらのクラシックのレコードに接していたのです。
 
 
それは掛けた記憶がないため相当小さい時に聞かされていたんでしょう。
そのほとんどは、ウィンナーワルツで、母に聞くと1歳か2歳のときはよくかけていたとのことです。

小さい頃の音楽の影響は?

ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_sそれにしてもそんなに小さい時に影響が有るのでしょうか。
美しく青きドナウやウィーンの森の物語そして皇帝円舞曲等有名な曲がほとんどなのでこの時聴いたわけじゃなくて、他で聞いた可能性もあります。 

 
 
ですが、ごく小さい時に聴いた音楽が結構影響力のあるというのは納得できる理屈ではあります。
大人になってから色々な音楽に接する前に、クラシック音楽に親しむというのは子どもにとって良いと思います。
 
 
個人差はありますが、大人になってからクラシック音楽に親しむのは難しいって人も多いでしょうから。
小さい時の影響ってことから言うと、NHKの教育テレビ(今で言うとEテレビジョン)で「おもちゃの交響曲」をなにか単純な図形が変化して鳥になったり動物になってりする番組が有りました。
abbe67b5f37da3565bf49d6a025eb28d_s幼稚園ぐらいでしょうか、やはりこの時の印象は強いです。
この曲は最初ハイドンが作曲したとか、モーツアルトが作曲したとか聞いていたんですが、大人になってから実は、モーツアルトの父親のレオポルトが作ったと知りました。
 
 
 
しかしその後、それも違うとか…まあ一回調べたんですが結局覚えられなかったんで作曲者についてはどうでもいいやと思いました。
なにしろ、NHKの教育テレビで流れている印象だけで今ほとんど聴くことはないですからね。

-音楽

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.