ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

行事・イベント

ハロウィンの由来や発祥は?日にちはいつ?宗教との関係を知ろう!

投稿日:

095922毎年秋になるとハロウィンの仮装をどうするかということで盛り上がっている方も多いのではないでしょうか。
この時期には有名テーマパークなどでは仮装をした大人やお子さん達が楽しそうに歩いているのを見かけます。
 
そんなハロウィンの由来について、まずはご紹介しましょう。
 
 

ハロウィンの由来は?発祥は?日にちはいつ?

53f30a20c2db86830e883e2c2f5e4207_s

ハロウィンの日にちは毎年10月31日ですが、なぜこの日に決められているのか不思議に思ったことはないでしょうか。
 
 
 
実はもともと、この日に古代ケルト人によって行われていたお祭りが発祥なのです。
古代ケルト人は1年の終わりを10月31日だと考えていました。
秋の収穫祭と共に行われていたのが夜にやってくる悪い霊を追い払うための宗教的なお祭りです。
 
 

キリスト教に取り入れられる

087955

やがて、この古代ケルト人のお祭りは侵略してきたカトリック教徒たちによって取り入れられて、キリスト教の行事として行われるようになりました。
 
 
halloweenという英語になった由来は、万聖節の前夜という意味hallows eveが訛って現在のようになったという説と神聖なという意味があるhallowと夜を指すeveningが合体して作られたという説があります。
 
 

なぜ魔女などの仮装をするの?

091676

それでは、なぜ魔女などの仮装をするのかということですが、ハロウィンの夜には悪いおばけ達がやってくるといわれていますから、自分達もおばけの仲間だと思わせるために仮装をするようになったのです。
 
 
 
逆に悪い霊や魔物達が人間の仮装した姿を怖がって逃げていくからという説もあります。
つまり、仮装するのは魔除けの意味があるのです。
 
 
 
そしてこの行事の習慣として仮装した子供達が「トリック・オア・トリート」と言いながら家に訪ねてきて、お菓子をねだるというものがあります。
この習慣も原型があり、もともとはsoulingというヨーロッパにあった習慣がもとになっているのです。
 067226
 
soulingは、仮面をつけた子供達がさまよえる霊魂達のために1件1件ソウルケーキという干しぶどうが入った四角いパンをねだるというものです。
 
 
 
この習慣を1900年代初めの頃にある子供が「トリック・オア・トリート」と言いながらお菓子をねだるようになり、それを1952年にテレビアニメで使われたことによって世界中で認知されるようになりました。
 234102
 
 
もし子供達がそう言いながら訪ねてきたら、「treat」と答えてお菓子をあげます。
もしお菓子をあげるのを断ってしまうとイタズラをされてしまいます。
 
 
 
玄関ドアに卵をぶつけられるというものから庭木にトイレットペーパーを巻きつけられたりなど可愛いイタズラが多いですが、こういったイタズラを避けたい方は前もってお菓子を用意しておくほうが良いでしょう。
 
 

おばけのかぼちゃの意味は?

63dd6be9b4bc8ee94c6175dbc3d0533b_s

忘れてはいけないのがハロウィンには欠かせないおばけのかぼちゃであるジャック・オ・ランタンです。
これも古代ケルト人達がしていた魔除けのための仮面や焚き火とジャック・オ・ランタンの伝説が混ざった結果です。
 
 
実際はカブの中をくりぬいて中にろうそくをたてて火を灯していました。
 
 
 
ところが、アメリカに渡った時にすでに伝わっていたジャック・オ・ランタンの伝説のこともあって、当時生産量が多かったかぼちゃをくりぬいてランタンにするようになりました。
スコットランドでは現在もかぼちゃではなく、カブが使われています。
 
 

ジャック・オ・ランタンの伝説

c3455e811137e057bcfe362b77c6febd_s

ある所にいた悪いことばかりしていたジャックが魂をとるためにやってきた悪魔と出会い、うまく言いくるめて死後に魂をとらないという約束をさせました。
ところが、死んでしまったジャックは魂はとられませんでしたが、天国へ行くこともできず、地獄にも入ることができませんでした。
 
 
 
元いた場所へ戻るように言われた彼は仕方なく道を引き返していきました。
ただその道は真っ暗で風もひどい道だったので悪魔に灯りを頼んだのです。
 
 
 
すると悪魔は地獄で燃えている火の魂を一つくれたので、ジャックはそれをカブの中に入れてランタンを作り、いつまでもあの世とこの世を行ったり来たりしています。
 
 
 
そこでちょうちんのジャックという意味でジャック・オ・ランタンと呼ばれるようになりました。
そしていつのまにか、ジャックのランタンが死者の魂のシンボルとなって、10月31日の夜には家の戸口に飾るようになったのでした。
 
 
 
ちなみにおばけだけではなく、魔女に仮装するのもハロウィンナイトには死者だけではなく、魔女などの怖い存在もやってくると考えられていたからです。
 
 

イベント要素が強くなったハロウィン

19a320c98cb349821cc15fec6c1887f6_s

しかし現代の仮装の魔女やおばけは本格的なものから可愛らしいものまであって、中には仮装コンテストなどもあったりするほどイベント要素が強くなってきています。
 
 
特に日本ではそういう由来を知っているという人も少なく、クリスマスやバレンタインのようにイベントとして楽しんでいる人が多いのではないでしょうか。
 
 
このように由来や発祥のことなどを知ってから参加する10月31日の夜はまた特別な夜になることでしょう。

-行事・イベント

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.