ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

ダイエット

運動不足ならウォーキングダイエット1時間から始めましょう。

投稿日:

18歳のころ、私の体重は身長が160cmに対して70kg近くありました。
食べることが大好きで、夕食のご飯のおかわりを必ずしていたし、食後にはスナック菓子を食べていました。
もともと運動は嫌いで、足も遅く体育の成績はいつも悪かったです。

どうしてそのころそんなに食欲が旺盛だったかわかりませんが、とにかく食べていないと落ち着かない状態でした。

ダイエットを始めたきっかけは、応募したアルバイトに落ちてしまったことと、中学生のころから付き合っていた彼氏に太め体型のことで振られてしまったことからです。

おそらくダイエットを始めるきっかけになるのは、社会的に見て太って見えるかや、失恋が多いようですが、私もその二つからダイエットを決意しました。

ウォーキングで、まずはカラダを動かす

まず実践したことは、夕食後にウォーキングをすることでした。
幸い、友達も同時期にダイエットを始めていたので、夕食後いつもスナック菓子を食べていた時間を、友達と待ち合わせをして話ながら60〜90分歩いていました。

実際、歩幅を大きくして手を大きく振ると効果的だとは言われています。
わたし自身、運動しているというよりも歩きながらおしゃべりをしているという感覚で、自分のなかで取り入れやすかったです。

一緒に歩く友達がいなくても、例えば音楽を聴きながらのんびり歩くだけでも、運動の続けやすさは変わってくるでしょう。

夕食後のウォーキングを3ヶ月くらい続けていると、だんだん体を動かすのが当たり前になってきました。

ウォーキングに慣れてきたので、お風呂上がりのストレッチも加えてみました

そこで次に始めたことは、お風呂上がりにストレッチをすることです。
お風呂で温められた脂肪は、そのあとすぐに動かすと燃焼されやすいとのこと。

始めは柔軟運動。
よく体育の準備体操でやるようなことから始め、慣れてきたら腹筋や四つん這いになって後ろ足でキックをする運動を取り入れていきました。

一番わたしに効果的だったのは、お尻歩きです。
便秘の解消にもなりましたし、1週間続けるだけでお尻回りが少しスッキリして、余分な脂肪がなくなりました。

ウォーキングは、友達の学校が忙しくなってしまったので4ヶ月くらいで終わりましたがストレッチは続けていました。
そして歩くことも楽しくなってきて、時間があるときに一人で散歩にいったり、2000円くらいで室内用のステッパーを買って、音楽を聴いたりスマホを見ながら運動をするようになりました。

間食がなくなったのと体を動かすことが楽しくなってきたことで、体重は半年で5キロほど減っていました。

そして、半年たつころは体重が減ることが面白くなり、どうしたらもっと体重を減らせるかを考えるようになりました。

ちょうどそのころに私もバイトが決まっていて、夕方18時から週に4回ほどバイトをすることになりました。
それを機に、バイトの日は18時以降は食事をしないとルールを決めました。

18時までに食事を済ませて、それ以降はなにも食べません。

はじめの頃はお腹が減ってたまりませんでしたが、そのうち空腹感をあまり感じなくなりました。
バイトの後は疲れているので、余裕があるときだけストレッチをして眠るようにしました。

夕飯を早めに食べる分、朝御飯はしっかり食べるようにしていました。

ダイエットを続けた結果、わたしの体重は…

体重は順調に減り、1年間で約10kgの減量に成功しました。
そこから停滞期を迎えて体重の減少は緩やかになってきたものの、約3年間で70kg近くあった体重を48kgまで減らすことに成功したのです。

私がダイエットを成功した要点については、

  • 生活習慣を見直してみる

この一点がとても重要だと思います。

その前に食事を抜いたり、ダイエット食品で置き換えをしたり、誤ったダイエット法に取り組んだ時期もありました。
ただ、それらのダイエットは、すぐに体重は減ってくれるものの、またすぐに体重が戻ってしまいます。

むしろ、食欲を制限した分、食べ物が美味しく感じられて余計に食べてしまうこともしばしばでした。

これからダイエットを考えている人は、短期的ではなく長期的にダイエットを考えてみると良いでしょう。
1日5分だけ歩く時間を増やしてみたり、エスカレーターの移動を階段に変えてみたり。
あなたに無理のない範囲から、痩せている人の習慣を真似てみましょう。
そのうち結果がついてきて、自分が変わっていくのがどんどん楽しくなってきますよ。

-ダイエット

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.