ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

ダイエット

大正製薬『リビタ大麦若葉青汁』購入しました!口コミあり

更新日:

大正製薬『リビタ大麦若葉青汁』通販ならここ!口コミあり

昔はとても不味くて飲むのに一苦労していた青汁ですが、
最近は使われる原料を変えることにより本当に飲みやすくなりました。

 

 

まず昔の青汁の不味さの原因はケールにありました。
ケールという原材料に臭みや苦みが強く、青汁を鼻をつままないと飲めないものにしていたのです。
ケールとは抗酸化作用が強く美容に秀でています。
老化予防にとても効果があり、同時に栄養価も豊富なのが特徴でした。

 

 

しかし最近よく青汁に使われるようになったのは「大麦若葉」です。
この原材料はケールのように臭みや苦みが少ないので大変飲みやすいです。
抗酸化作用もケールほどではないにしてもありますし、何よりも栄養価がケールよりも豊富に含まれています。

 

 

このおかげで従来のような美容効果・健康効果が共にありながら飲みやすくなっているのです。
大麦若葉は抹茶の味がしてとても口当たり爽やかです。
飲みやすい青汁をお求めならケールよりも大麦若葉の青汁をオススメいたします。

 

私は数年青汁を毎日飲むことを習慣としています。
最初に飲み始めたきっかけは野菜不足が気になる毎日で、便秘に悩まされていたため。
手軽な青汁で便秘解消でき健康的に生活できればと思ったのが最初です。

 

 

一番最初に購入した青汁はホームセンターで売られていた特売の安い粉末状のものでした。
ところが飲んでみるとその粉っぽさと青臭さにびっくり!とにかく飲みにくい商品で、
半箱ほどは頑張って続けましたが音を上げてしまいました。

 

 

その次に出会ったのが現在も愛飲している大正製薬のリビタ大麦若葉青汁です。
こちらの商品粉が細かく非常に飲みやすい!
味も青臭さがまったくなくてむしろ抹茶風味でほのかな甘さもあるので、
毎日楽しくおいしく続けることができています。

 

 

ちょっと私にはお高い商品ですが、これを飲み続けることで便秘は解消できているし、
毎年の健康診断もばっちりの結果を維持できています。
風邪も引きにくくなり、
まさに体の内側から改善されてることを実感できる私の健康のパートナーになっていますよ。

 

青汁を給食に取り入れているところも!市民権を得た青汁

かなり昔から愛飲していますが、最近は商品の種類も多彩で、いくぶん安価で入手できるようになった感じがします。
スーパーなどで普通に購入できるようになっています。
かつては通販など入手先は限定されていたような気がします。

 

 

もともと九州地方限定の飲み物だったそうですが、いまや市民権を得たとでもいうのか、
おそらく全国どこでも比較的簡単に入手できるのではないかと思います。
学校給食にとりいれている地域もあるそうです。

 

 

苦い、まずいと言われていた青汁が普及したのは、
なんとなく水戸限定だった納豆が関西でも受け入れられ、
全国に広がっていった流れに似ているような気がします。

 

 

 

古くから伝わる日本の伝統食であるという点も共通しています。
納豆もいまや店頭にはいろんな種類がみられますが、青汁の種類も豊富です。

 

 

原料も多彩になった

 

もともとはケールを原料にしているものが主でしたが、
明日葉や大麦青葉、桑の葉などにも広がり、他の野菜や果物と混ぜたものも普及しています。

 

 

青汁らしさを味わうには粉末のものを水などに溶解するのがオーソドックスな飲み方ですが、
好みで牛乳などに混ぜたりする方もいるそうです。
粉末飲料の難点はダマになったり底にたまったりすることだと思いますが、
最近の商品はかなり溶けやすくなっています。

 

 

青汁の効果・効能

また、青汁は豊富な種類の栄養素をたくさん含んでいるので意外とその効能がわかりづらいかもしれません。
一般的には野菜不足解消を目的に手にすることが多いのではないかと思います。

 

 

実際、他の野菜ジュースと同様、食物繊維など野菜に含まれる栄養素の摂取などに寄与します。
原料となる緑色の葉野菜には抗酸化作用を強化したり、
活性酸素を排除する成分が含まれるので免疫力の向上にも寄与します。
健康な体作りにはうってつけの飲み物です。

 

 

ビタミンやミネラルもバランス良く配合されているので、
アレルギーや肌荒れ対策にも効果があるそうです。
その効果はあくまで個人の実感です。

 

 

飲んですぐに病気が良くなったりするものでもありませんが、
継続して摂取することで確実にその効果が実感できると思います。

 

健康診断の結果の数値を気にして、青汁を飲み始めました。

青汁は身体に良いと分かっていても、やはり味や香りが気になるところです。
薬だと思って頑張って飲むというのも悪くはありませんが、できることなら美味しく飲みたいですよね。

 

 

 

 

健康を考えて青汁を飲み始めました。
青汁を飲み始めるのは実は今回で2度めです。
以前にも健康に良いからと母に言われて飲んでいたことがあるのですが、そのときは続きませんでした。
正直に言って美味しくないと思い途中で止めていました。

 

 

 

今はちょっと工夫した飲み方で青汁を利用しています。
以前はただ水で溶かしたものを飲んでいましたが今回は豆乳と混ぜて、
そこにハチミツを加えたりしてお美味しく飲みやすくして飲んでいます。

 

 

 

前からこうして飲んでおけば良かったと思うほど美味しく感じられてグビグビと飲むことができています。

 

 

ところで、私が青汁を再開したことには理由があります。
健康診断の結果でちょっと注意しなければならない数値が出てしまったのです。
それほど気にするほど高い数値ではありませんでたが、
注意するに越したことはないので生活習慣や食習慣の面で気を付けようと思いました。

 

 

 

そのとき頭に浮かんだのが青汁でした。
「もういちど青汁を飲は始めてみよう」と思ったのです。
工夫して飲めば青汁もとても美味しくいただけることが判りました。
これからも自分なりに飲み方を工夫して健康のために青汁を飲み続けてみようと思っています。

 

 

大正製薬には『ヘルスマネージ明日葉青汁』もあります。

野菜を食べたいけど、生では量を多く食べられません。
一人暮らしでは調理するのが面倒で、野菜不足になりがちです。
そんな方に栄養価の高い野菜を、摂りやすくしたのが青汁です。

 

青汁なら粉末の小分けパックなので、保存が長くできます。
持ち歩いて外出先で飲むことも可能です。

 

 

青汁の成分はケール、大麦若葉、明日葉が主な成分です。
ケールは豊富な食物繊維と栄養価が高い野菜です。
味は青臭さがあるので、苦手な人も多いようです。

 

大麦若葉は活性酸素を無害化する酵素を含んでいます。
アンチエイジング効果が高いとも言われています。
栄養価はケールより劣るものの、飲みやすい味で人気があります。

 

明日葉はケールよりも、多い栄養素を含みます。
栽培地域が限定されているので、青汁に含まれる商品は少ないです。
むくみの解消や血液さらさら効果があり、味は抹茶風味で飲みやすいです。

 

 

青汁の主な成分はこのような野菜で、商品によって配合バランスが違います。
商品によって、ケールだけを使った青汁もあるので好みが分かれると思います。
数種類の青汁を試してみると、自分に合うタイプが見つかると思います。

 

 

娘は明日葉を選んでいます

私には娘が一人います。
娘は浮腫みやすい体質で夕方になると足がパンパンになり痛む時もあるそうです。
浮腫みには何が効くか調べていると青汁が良いとの事で、娘も青汁を飲み始めたようです。
青汁はたくさんの種類がありますが中でも明日葉の青汁が良いとの事。

 

明日葉を切った際に茎からでるネバネバしたカルコンと言う成分が浮腫みだけではなく、
女性の大敵セルライトにも効き、
血液をサラサラにしてくれ良い成分がたくさん入っている女性には嬉しい事だらけ。

 

 

さっそく明日葉の青汁を探し、娘にプレゼントしました。
商品が届き飲んでみたところ、
娘は今までは青汁と言ったらクセがあって苦くて不味いイメージを持っていて飲むことを嫌がっていましたが、
この青汁はクセがなく飲みやすくて緑茶のような味で何杯でも飲めてしまいそう!
と喜んでいました。

 

寒い時にはホットにして飲んだりしています。
食事をとる度に飲み早数ヵ月、
浮腫みにくくなりましたしさらに便通まで良くなり青汁効果を実感しています。
もっと早く青汁に出会っていたらなと言っています。
これからも親子で青汁を飲み続けます!

 

イグサの青汁を購入してみてもよいかも

これまでに、粉末や液体の青汁を試したことがあります。
液体のものはまずいです。大手企業のものですが、後味がエグかったです。それ以降液体のものはやめました。
粉末のものは、抹茶風味がほとんどで価格差は幅広く選ぶのに困りました。

 

 

1箱30袋入り程度で2000円のものから700円程度のものを注文し、
どちらも同じような感じだったので安い物を注文するようになっていました。
続けられるとわかるのですが、体の調子はかわります。体が不思議と軽いのです。
やめてしまうと、元に戻ってしまう感じで、青汁のおかげなのかなっと思います。

 

 

自分の体にあっていたためか、意識しているせいかはわかりません。
どうしても、途切れてしまったりするので、
注文なり買いに行くなりをもう少し簡単にできたらいいなっと考えています。

 

 

他におすすめなのが、ほうれん草か小松菜をベースにりんごやオレンジで自家製の青汁を作ることです。
自分で作ると不思議においしいです。私はしょうがを一かけら入れたりレモンの皮を入れてみたりします。
これも個人差はあると思うので、お好みで楽しんで作ってみるのはいいと思います。

 

 

青汁には種類がたくさんありますが、ドラッグストアなどで売っているイグサの青汁がおススメです。
イグサは皆さんがよく知っている畳を作っているものです。

 

 

イグサの青汁は野菜と同じ栄養分を摂取することができますが、
他の青汁よりも優れている点は、食物繊維が多いという事です。
青汁に多くみられる大麦若葉よりも多い食物繊維で、便秘がちな方にはぴったりです。

 

 

しっかり栄養を取りながらダイエットしたい方に向いています。
便秘が解消される事で、肌のトラブルを少なくすることができます。
朝飲むと、1日の栄養分をしっかり摂取できて快調に1日を過ごすことができるのでおススメです。

 

 

もう1つ他の青汁と違うのは味です。
どうしても青汁と言えば、飲みやすくなっていると言っても、大根のような独特の臭いにおいが残ります。
イグサの青汁はにおいに全く臭さがなく、香ばしい香りがして、臭みがなく抹茶のような味がします。
水に混ぜても良い抹茶でも飲んでいるかのようで、美味しく飲むことができると思います。

 

 

-ダイエット

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.