ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

テレビ

ドクターX3大門未知子「私、失敗しないの」

更新日:

大門未知子が「私失敗しないの」の名セリフで困難な手術を次から次へと成功させていきます。
女性の目線で見れば頼もしい女医さんと映ると思います。
現状ではこのような女医さんは珍しいと思います。
大抵の大病院ではほとんど男性の医者です。

今日は甲状腺のガンです。
有名なジャーナリストと北大路がテレビで近頃の病院のあり方について議論しています。
このジャーナリストが甲状腺のガンで、あっちこっちの病院に断れているのです。
そこで北大路の病院に手術を通して挑戦状をたたきつけたのです。
うまく手術ができるかと。
この手術をソ連帰りのドクターにさせるのですが。
命は助かりましたが、声が出なくなります。
そこでジャーナリストが声を返せて訴えるのです。
そこで再手術。
またソ連帰りの男性が執刀医になりました。
しかし声帯の再生のやり方をよく知らないのです。
そこで大門の出番です。
そこで苦心の末、手術は成功しました。
これで会見で有名なジャーナリストが負けを認めるのです。
その間にとっていた動画は極秘のうちに没に。
これが世の中に公表されては、また一騒動になったことでしょう。
こういうところは、男の世界ですね。

その間に有名なテノールのオペラ歌手を密かに入院させて、大門が手術をして、
成功させます。また声を取り戻したのです。
これを1回の手術で成功させたのですからたいしたものです。
それで次の日から歌えるのですから、驚きですね。

そこで岸部一徳の出番です。
いつもの通りメロンを持って、大門の手術代の請求です。
これが1000万円。高いものですね。
これを北大路は飲みます。
その代わりに、密かに入院させたオペラ歌手の手術代の請求を一徳に示します。
その額が1500万円。
これが落ちですね。

また手術の合間にやっていた大門と一徳のマージャン。
いつも大門が負けます。
それもヤクマンです。
この辺は女性にはわかりづらいかもしれません。
実戦ではこんなことは起こりえません。

その後に大門がご褒美に海老天をおごってよと。
一徳がそれどころではないと、落ちがつきます。
ここがまた面白いですね。

-テレビ

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.