ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

舞台

オペラ「カルメン」の音楽の魅力。ビゼーの曲に酔いしれて…。

投稿日:




もちろん、この作品の最大の主役はビゼーの音楽です。

「カルメン」には有名なアリアや、器楽曲がたくさんあります。
アリアとして一番有名なのは、カルメンが歌う「ハバネラ」でしょう。

カルメンのキャラクターにぴったりとあった楽曲と歌詞が、「恋は野の鳥、誰も手なずけられない」と歌い上げらます。
半音階でつづられる妖艶ともいえるメロディは、カルメンの自由奔放な愛の在り方を見事に表現しています。

そして、これもまた有名は「闘牛士の歌」では、エスカミーリョのソロから始まり、合唱が加わって、男らしく、勇ましいメロディが知られいます。
激しいばかりでなく、フルートの名曲として知られる「間奏曲」は、穏やかで美しい旋律。

こうしたメリハリの効いた楽曲で構成されるカルメンは、まさに見所・聴き所満載のオペラといえるでしょう。

ビゼーが生きていた時代の評価が低くても、こでまで「カルメン」が多くの人から人気を得ているのは、一見して何気ないロマン派オペラと思われがちですが、その劇的な効果とリアリズムの手法にあります。

ビゼーは彼以降のイタリアで主流となるヴェリズモ・オペラの先駆者となりました。
歴史的にも重要な音楽であり、作品へと認めらえていったのです。

今やフランス・オペラの代表作といえるのではないでしょうか。
魅力的な音楽にもあふれており、ビゼーはこの一作でヴェルディやワーグナーに肩を並べるステイタスを確保したと言えます。

ビゼー:歌劇《カルメン》 [DVD]

¥3,402 (2019/01/22 23:31:14時点 Amazon調べ-詳細)

-舞台

Copyright© ふみえアンテナ , 2019 All Rights Reserved.