ふみえの気になるあれこれを紹介しています。

ふみえアンテナ

妊娠・出産

ヒプノバーシング(催眠出産)とは?陣痛がない!?出産が怖い私。

投稿日:

私くらいの年齢になると結婚している人も珍しくないし、
二人の子持ちママになっている友人もいる。

 

私がつくづく感心するのは、
「母親ってすごいな~」
ってこと。

 

私は、出産が怖くて仕方がない。
まだ妊娠すらしてないのに、
お産の心配をしているくらいである。

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

あんなに痛そうなのに、
よく赤ちゃん生めるよな~って思う。
母親ってすごい!

 

出産を経験した友人に聞くと、
「死ぬかと思った~(T_T)」
「赤ちゃんの顔を見たら、痛みなんて忘れるよ」
などと言っていた。

 

友人ママは赤ちゃんにめろめろである。
かわいくてたまらないらしい。

 

 

今の私の気持ちは、
出産への恐怖>赤ちゃんがほしい
である。

 

これまで、幸いにも大きな病気や怪我なんてしたことがない。
私の人生で最大の痛みは、
熱が出て点滴を打たれたことだろうか?
それでさえ、顔を歪め痛みに耐えた。

 

そんな痛みに弱いであろう私には、
自然分娩なんて到底ムリである・・・と思う。

 

そこで、痛くない分娩方法があるのかどうか調べてみた。
調べているだけで、気分が悪くなって、体の力が抜けてくる。
キーボードを叩くパワーも削がれる。

 

やっぱり、今の私には
出産は恐怖や不安というネガティブな感情が溢れでるものでしかない。

 

分娩方法の種類

069971

・自然分娩
・無痛分娩
・ヒプノバーシング(催眠出産)
・水中出産
・ソフロロジー式分娩法
・気功式出産法(リーヴ法)

 

出産に対する恐怖や不安が強いと、
緊張が高まるので、体が硬くなり、
痛みが強くなってしまうとのこと。
リラックスすることは、お産にとって重要なことのよう。

 

今回は、私が最も気になった
ヒプノバーシング(催眠出産)について書こうと思いますφ(..)

 

ヒプノバーシング(催眠出産)とは?

 91f5ce1a

英キャサリン妃やモデルのミランダ・カーも取り入れた出産方法として、
認知度が高まっています。

 

ヒプノセラピーのクラスを受けて、
その技術を学び、
出産に対する不安や心配事を解き放ち、
穏やかに出産を迎えることができるようになる。

 

『ヒプノ』とは、『ヒプノシス』=『催眠』のこと。

 

「催眠」というと怪しげな印象を受けるかもしれませんが、
出産時に深いリラックス状態へとするためのツールです。

 

ヒプノバーシングでは陣痛がない!?

ea56f8b48b8e7cdd0f160e2df61e3a5a_s

ヒプノバーシングでは、
『陣痛』という言葉は使いません。
その代わりの『子宮波』と表現します。

 

言葉を変えるだけでも、
痛みに対する意識を変えることができます。
恐怖や不安を解放するためにも、メンタル作りが大切です。

 

これまで体験したことのない『深い』リラクゼーション状態で、
痛みを削減し、穏やかに出産できるようになるよう。

 

ヒプノテクニックで
自己暗示をかけて、
自身を深いリラクゼーション状態へ導き、
出産の痛みを軽減するということでしょうか?

 

以下、ヒプノバーシングでの出産動画です。

-妊娠・出産

Copyright© ふみえアンテナ , 2017 AllRights Reserved.